う、浮いてる!? 不思議な体験型アート「レアンドロ・エルリッヒ展」

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

2017/11/18(土)2018/4/1(日)
  • トップ

写真撮影OKな作品も!不思議な体験ができる現代アート展。

美術展といえば、静かに作品を鑑賞するもの。そんなイメージを覆す展覧会「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」が六本木で開催されます。アルゼンチン出身のエルリッヒは国際的に活躍する現代アーティスト。日本では金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プール》の作家としても知られていますね!本展は四半世紀にわたる活動の全容を紹介する、世界でも過去最大規模での開催となります。約40の作品が集結し、実にその8割が日本初公開。その多くが中に入ったり写真を撮影できる作品で、誰もが楽しめ、新しい世界を体験できる展覧会となっています。

視覚的な錯覚や音の効果で、人々の常識に揺さぶりをかけつづけるエルリッヒの作品は、目の前の世界を“体験する”アートです。
こちらの作品は、まるで壁に人がぶら下がっているようですが・・・じつは、壁に見えるのは床面!床に寝転がりポーズをとると、目の前に立つ鏡に姿が映し出される大型インスタレーションです。撮影もOKなので、無重力にいるような不思議な写真を撮ることができますよ。

ほかにも写真撮影OKのユニークな作品が多数展示予定。その一部をご紹介します。

▲船着場が現れた?水はなく、水面に写っている反射イメージも、上部のボートと同じ素材でできた立体物です。

▲廃校となった学校の教室が舞台。2つの部屋の一方に入ると、まるで亡霊となった自分の姿が!

▲試着室の中は前方左右に姿見が。なのに自分の姿は移らず、かわりにどこまでも試着室が続いています。

▲有名な金沢21世紀美術館の《スイミング・プール》の模型も登場。

いかがでしたか?作品の一部になった自分の姿を撮影したくなったのではないでしょうか。
ほかにも不思議でユーモアたっぷりな作品が数多く展示されます。現代アートに馴染みがなくても大丈夫!驚きの新体験を求めて、美術館を訪れてみてはいかがでしょうか。

●レアンドロ・エルリッヒとは
アルゼンチン出身の現代アーティスト。視覚的な錯覚や音の効果を用いた不思議と驚きに溢れた作品が特徴。多くの国際展に参加し、日本では金沢21世紀美術館に設置された《スイミング・プール》が有名。

日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
会場 森美術館
最寄駅 六本木
日程 2017/11/18(土) ~ 2018/4/1(日)
時間 開始:10:00
終了:22:00 ※火曜日は17:00まで
備考:※いずれも入館は閉館時間の30分前まで
料金・費用 一般:1,800円、学生(高校・大学生):1,200円、子供(4歳~中学生):600円、シニア(65歳以上):1,500円
※全て税込価格
お問合せ お問い合わせ先:森美術館(ハローダイヤル)
電話番号:03-5777-8600
オフィシャル
サイト
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる