東京のおでかけイベント情報満載

白頭山大噴火

2021年08月27日(金)~ 公開中

半島壊滅を救うミッションが二人の男に任された

(c)2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

監督

: イ・ヘジュン

出演

: イ・ビョンホン/ハ・ジョンウ/マ・ドンソク/チョン・ヘジン/ペ・スジ

製作年

: 2019

製作国

: 韓国

配給

: ツイン

上映時間

: 128分

解説・あらすじ

北朝鮮と中国の国境近くにある白頭山(ペクトゥサン)。ある日、この山で観測史上最大の噴火が起き、遠く離れたソウルも大地震により大きな被害を受ける。白頭山に詳しい地質学者カン・ポンネによれば、この先にさらに大きな噴火が起きるという。それを防ぐため、白頭山の地下坑道で人為的に爆発を起こし、マグマ溜まりの圧力を下げる計画が立てられた。75時間というタイムリミットの中、インチャン大尉らの技術チームは本隊のサポートに極秘任務で北朝鮮へ向かうが、事故により本隊は全滅。北の協力者である工作員と共に白頭山へと向かう。
韓国で観客動員数820万人という大ヒットを記録したエンタメ大作。北朝鮮に潜入して核弾頭を奪い、それを爆発させるという設定に加え、アメリカや中国も介入し、三つ巴の戦いになっていくのはスリリング。さらにソウルのビル崩壊や津波の襲来など、派手なシーンも盛りだくさん。過去のディザスター映画やスパイもの、タイムリミットアクションなどからのいいとこ取りで、次から次へと危機が襲う怒涛のストーリー展開により画面から目を離せない。出演は、『神と共に』のハ・ジョンウと『KCIA 南山の部長たち』の好演も記憶に新しいイ・ビョンホン、さらにマーベル最新作『エターナルズ』にも出演するマ・ドンソクと韓国映画界のトップスターたち。除隊を予定している特殊チームの指揮官ハ・ジョンウが次第に使命感に目覚めていき、謎めいた北の工作員イ・ビョンホンとぶつかりながらもミッションを果たしていくという、バディものとしても楽しめる。

TOHOシネマズ日比谷ほか全国にて

白頭山大噴火公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す