東京のおでかけイベント情報満載

  • ハッピー・オールド・イヤー

ハッピー・オールド・イヤー

2020年12月11日(金)~ 公開中

  • トップ

断捨離に挑んでも、捨てられないものもある
監督

: ナワポン・タムロンラタナリット

出演

: チュティモン・ジョンジャルーンスックジン/サニー・スワンメーターノン/サリカー・サートシンスパー/ティラワット・ゴーサワン/アパシリ・チャンタラッサミー

製作年

: 2019

製作国

: タイ

配給

: ザジフィルムズ、マクザム

上映時間

: 113分

解説・あらすじ

留学先のスウェーデンからバンコクに帰国したデザイナーのジーンは、自宅を北欧風のミニマルなスタイルに改装しようと友人のピンクにリフォームを依頼する。母と兄との3人暮らしの家は、モノで溢れかえっていた。家中のものをゴミ袋に入れて断捨離をするジーンだが、もらったモノを捨てることに罪悪感を感じるようになり、友人たちを訪ねてモノを返し始める。その中に元カレのエムから預かったままのカメラもあった。
「断捨離」は今や世界的なブーム、いや問題だ。放っておけば、どんどんモノが増えてしまう現代。常に何かを捨て続けなければ、数年で部屋はモノで溢れかえる。しかし、モノがなかなか捨てられないのには訳がある。劇中、“こんまりメソッド”も紹介されるが、モノは自分の歴史であるだけでなく人との関係の記録でもあるからだ。主人公ジーンは初めにモノを捨てれば過去を清算できると考えるが、途中で「自分が忘れても人は忘れない」ということに気づく。最初はややドライに感じさせるジーンだが、ミニマルにする理由が次第に分かり、共感を呼んでいく。主人公ジーンを演じるのは『バッド・ジーニアス危険な天才たち』で天才女子高生リンを演じたチュティモン・ジョンジャルーンスックジン。次々とタイの美男美女が出てくるのも見どころ。

シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開

ハッピー・オールド・イヤー公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す