東京のおでかけイベント情報満載

空に聞く

2020年11月21日(土)~ 公開中

災害FM局パーソナリティーの活動を追ったドキュメンタリー

(C) KOMORI HARUKA

監督

: 小森はるか

出演

: 阿部裕美

製作年

: 2018

製作国

: 日本

配給

: 東風

上映時間

: 73分

解説・あらすじ

東日本大震災後に設けられた災害FM局のひとつで、2011年12月10日に開局した陸前高田災害FM。高台に設けられたプレハブのスタジオから24時間放送を続けている。この地で生まれ、夫婦で営んでいた和食料理店を津波で失った阿部裕美さんが開局当初からパーソナリティを務めている。地域の人々の記憶や思いに寄り添い、彼らの声を丁寧に取材していく阿部さんの姿をカメラが静かに記録する。そして、かさ上げされた台地で進む町の再建の様子も。
「あいちトリエンナーレ」「山形国際ドキュメンタリー映画祭」「恵比寿映像祭」と立て続けに上映され、先鋭的なプログラムの中でもひときわ大きな反響を呼んだ本作は、東日本大震災後に岩手県陸前高田市の災害FM局「陸前高田災害FM」でラジオパーソナリティを務めた阿部裕美さんを追ったドキュメンタリー。人々の声を声をラジオを通じて届ける彼女の日常や、新しい街並みが造られていく陸前高田の風景が映し出される。監督は、震災後のボランティアをきっかけに東北に移り住み、少しずつ変化していく風景と人びとの営みを記録してきた映像作家の小森はるか。前作『息の跡』と並行して撮影が行われたという。

ポレポレ東中野ほか全国にて順次公開

空に聞く公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録