東京のおでかけイベント情報満載

  • トルーマン・カポーティ 真実のテープ

トルーマン・カポーティ 真実のテープ

2020年11月06日(金)~ 公開中

早熟の天才作家の真実

(c) 2019, Hatch House Media Ltd.

監督

: イーブス・バーノー

出演

: トルーマン・カポーティ/ケイト・ハリントン/ノーマン・メイラー/ジェイ・マキナニー/アンドレ・レオン・タリー

製作年

: 2019

製作国

: アメリカ=イギリス

配給

: ミモザフィルムズ

上映時間

: 98分

解説・あらすじ

ニューヨーク文壇の寵児として、また、ゲイのセレブリティのアイコンとして社交界を席巻したトルーマン・カポーティ。「冷血」の大成功を経て長年出版が待ち望まれた新作「叶えられた祈り」は、ニューヨークの上流階級の実態を描いた最高傑作となるはずだった。しかし第一章が発表されるや否や、そのスキャンダラスな内容によって激しい論争を巻き起こす。社交界から追放され、多くの友人を失ったカポーティは、アルコールと薬物中毒に苦しみ、作品の完成を待たずしてこの世を去ることとなる。なぜ彼は、多くの人を傷つけるような本を執筆したのだろうか?
「ティファニーで朝食を」「冷血」など多くの傑作小説を残した20世紀アメリカ文学界を代表する作家トルーマン・カポーティ。彼の知人や関係者たちの証言をもとに、流行作家であり、戦後アメリカを代表するセレブリティのアイコン的存在でもあった“恐るべき子ども”の栄光から転落までを追い、その素顔に迫る文芸ドキュメンタリー。彼の波乱に満ちた人生を濃密に網羅し、“未完の絶筆”とされている問題作「叶えられた祈り」をめぐるミステリーに迫る。監督は、オバマ政権時のホワイトハウスでソーシャル・セクレタリーを務めた異色の経歴を持つイーブス・バーノー。本作が監督デビュー作となる。(作品資料より)

Bunkamura ル・シネマほか全国にて順次公開

トルーマン・カポーティ 真実のテープ公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録