東京のおでかけイベント情報満載

  • ブレスレット 鏡の中の私

ブレスレット 鏡の中の私

2020年07月31日(金)~ 公開中

裁判を通じて見えてくるもの

(C) MMXIX -- tous droits reserves - PETIT FILM - FRAKAS PRODUCTIONS - FRANCE 3 CINEMA - RTBF

監督・脚本

: ステファン・ドゥムースティエ

出演

: ロシュディ・ゼム/メリッサ・ゲール/アナイス・ドゥムースティエ/キアラ・マストロヤンニ

製作年

: 2019

製作国

: フランス=ベルギー

配給

: イオンエンターテイメント

上映時間

: 95分

解説・あらすじ

16才のリーズは、親友のフローラを殺した罪に問われ、裁判が始まる。リーズは無罪を主張し、両親も当然ながら、我が娘の無実を信じて何度も法廷に立つ。裁判が進むにつれ、友人の証言などからリーズの交友や私生活が明らかになり、親友のフローラとの間にも確執が生じていたのでは?殺害の動機があるのでは?と疑われるようになる。リーズの両親は、自分たちの知らない娘の交遊を目の当たりにし、自分の娘がまるで他人であるかのように思えるほど、思い悩んでいる。裁判が続く中、弟のジュールが、ガレージでナイフを見つける。両親はそのナイフが、フローラを殺害した凶器なのでは?と思い始め、リーズ本人に問いかけるも、リーズは知らないと言い…。
親友を殺した罪に問われる16歳の少女を巡る物語。無実を主張する彼女と、自分たちの知らない娘の姿を目の当たりにして思い悩む両親、そして次々と明かされる友人たちの証言などから、真相は曖昧になり、真実が度々変化していく。法廷という特異な状況を舞台に、演技力が求められる本作にて主演のリーズを演じたメリッサ・ゲールは、16歳という多感な少女を見事に演じ切っている。(作品資料より)

全国にて順次公開

ブレスレット 鏡の中の私公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す