東京のおでかけイベント情報満載

  • おかえり ただいま

おかえり ただいま

2020年09月19日(土)~ 公開中

名古屋闇サイト殺人事件、その深層に迫る

(C) 東海テレビ放送

監督・脚本

: 齊藤潤一

出演

: 斉藤由貴/佐津川愛美/浅田美代子/大空眞弓/須賀健太/天野鎮雄/矢崎由紗

製作年

: 2020

製作国

: 日本

配給

: 東海テレビ放送

上映時間

: 112分

解説・あらすじ

2007年8月24日深夜、帰宅途中の女性が拉致、殺害され、山中に遺棄された。犯人は、携帯電話のサイト“闇の職業安定所”で知り合った3人の男たち。マスコミの報道は過熱、母は加害者全員の死刑を望んだ。しかし、立ちはだかったのは「1人の殺害は無期懲役が妥当」という判例。母は街頭に立ち、極刑を求めて約33万筆の署名を集めた。裁判は1人が死刑、2人に無期懲役。その後、無期の1人に別の強盗殺人の余罪が発覚し、死刑が確定した。
2007年8月に起きた「名古屋闇サイト殺人事件」。事件発生直後から被害者の母を取材してきた東海テレビは、ドキュメンタリー「罪と罰〜娘を奪われた母 弟を失った兄 息子を殺された父〜」(2009年4月)を放送。その後も撮影を継続し、死刑執行後の犯人の父親の肉声を収録した。しかし、それだけでは表現できないことがあった。それは、事件前の母と娘のかけがえのない日々。母を斉藤由貴、娘を佐津川愛美が演じ、在りし日の家族を蘇らせる。さらに、凄惨な事件を起こすに至った男の生い立ちを浮かび上がらせた。監督・脚本は、『光と影〜光市母子殺害事件 弁護団の300日〜』『死刑弁護人』など、日本の司法のあり方を鋭く問い続ける齊藤潤一。(作品資料より)

ポレポレ東中野ほか全国にて順次公開

おかえり ただいま公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す