東京のおでかけイベント情報満載

  • 三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

2020年03月20日(金)~ 公開中

三島由紀夫にまつわる人たちが、あの日あの頃を語る

白黒写真:(C)SHINCHOSHA / カラー写真&予告編: (C) 2020映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」製作委員会

監督

: 豊島圭介

出演

: 三島由紀夫/芥正彦/木村修/橋爪大三郎/篠原裕/宮澤章友/原昭弘/椎根和/清水寛/小川邦雄/平野啓一郎/内田樹/小熊英二/瀬戸内寂聴

ナビゲーター

: 東出昌大

製作年

: 2020

製作国

: 日本

配給

: ギャガ

解説・あらすじ

1969年5月13日に東京大学駒場キャンパス900番教室。1000人を超える学生たちが待ち構えている——。大学の不正運営などに異を唱えた学生が団結し、学生運動は全国的な盛り上がりを見せていた。中でももっとも武闘派とうたわれた東大全共闘が、思想も立場も正反対の三島由紀夫を招いて行われる討論会が始まろうとしていた。三島は警視庁の警護の申し出を断り単身で討論会に臨んだ。そして、2時間半にわたる学生たちとの議論が始まる。
1969年5月13日に東京大学駒場キャンパス900番教室で行なわれた、三島由紀夫と東大全共闘による討論会の模様を切り取ったドキュメンタリー。TBSが保管していたこのスクープ映像のフィルム原盤を高精細映像にリストアし、当時の関係者や現代の文学者、ジャーナリストといった識者に取材し、三島由紀夫についての証言を集めて構成された。証言者として登場するのは、元東大全共闘の芥正彦、木村修、元「楯の会」のメンバー、そのほか討論会に参加していた人々や、三島と親交のあった瀬戸内寂聴、椎根和ら。意外な展開を見せる討論会に、三島の人柄が垣間見えて興味深い。ナビゲーターを務めるのは、俳優の東出昌大、監督は東京大学出身の豊島圭介。

TOHOシネマズ シャンテほか全国にて

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録