東京のおでかけイベント情報満載

  • リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエル

2020年01月17日(金)~ 公開中

アトランタ爆破事件の真実

(C) 2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

監督

: クリント・イーストウッド

原作

: マリー・ブレナー

出演

: サム・ロックウェル/キャシー・ベイツ/ポール・ウォルター・ハウザー/オリビア・ワイルド/ジョン・ハム

製作年

: 2019

製作国

: アメリカ

配給

: ワーナー・ブラザース映画

解説・あらすじ

1996年、警備員のリチャード・ジュエルは、米アトランタのセンテニアル公園で不審なリュックを発見。その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。テロを未然に防ぎ一時は英雄視された彼だが、現地の新聞社とテレビ局がジュエルを容疑者であるかのように書き立て、実名報道したことで状況は一変。さらに、FBIの徹底的な捜査、メディアによる連日の過熱報道により、ジュエルの人格は全国民の目前でおとしめられていった。そこへ異を唱えるため弁護士が立ち上がる。そして、ジュエルの母も息子の無実を訴え続けるが、3人の前に立ちはだかるのは、およそ3億人の人口をかかえるアメリカの巨大組織、政府とマスコミだった…。
1996年アトランタ爆破事件。この恐るべき事件の真相は、“報道断罪”によって第一容疑者に仕立てられた極端な事例である。当時のメディアは警備員のリチャード・ジュエルを執拗に犯人扱いした。そのため、88日後にジュエルの容疑が晴れたことを記憶にとどめている人は、世界中でも、ほとんどいない。「早まった結論」「メディアの功罪」という時事性の高いテーマを斬るのは、巨匠クリント・イーストウッド。サスペンスとミステリーの要素を強調し、ジュエルと弁護士の絆を真実のヒューマンドラマとして描き出す。(作品資料より)

全国にて

リチャード・ジュエル公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す