東京のおでかけイベント情報満載

  • テリー・ギリアムのドン・キホーテ

テリー・ギリアムのドン・キホーテ

2020年01月24日(金)~ 公開中

構想30年、計9回の企画頓挫を乗り越え完成!

(C) 2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mato a Don Quijote A.I.E., Tornasol SLU

監督

: テリー・ギリアム

出演

: アダム・ドライバー/ジョナサン・プライス/ステラン・スカルスガルド/オルガ・キュリレンコ

製作年

: 2018

製作国

: スペイン=ベルギー=フランスほか

配給

: ショウゲート

上映時間

: 133分

解説・あらすじ

仕事への情熱を失っていた若手CM監督のトビー。スペインの片田舎で撮影中に、とある男からDVDを渡される。それはトビーが学生時代に撮った「ドン・キホーテを殺した男」だった。映画の舞台となった村が近くにあることを知ったトビーは現地を訪れる。そこでは、ドン・キホーテ役に抜擢した老人ハビエルは、自分が騎士だと信じていた。彼はトビーを忠実な従者サンチョだと思い込み、冒険の旅へ誘い出す。
『未来世紀ブラジル』で知られる鬼才テリー・ギリアムが何度も何度も映画化を試み、そのたびに製作中止の憂き目に遭ったことが有名な“ドン・キホーテ”のプロジェクトが、構想から30年を経て完成にこぎつけた。みずからをドン・キホーテと思い込む老人ハビエルと、若手映画監督トビーの壮大で奇妙な旅路だ。ハビエルを演じるのは、『2人のローマ教皇』のベテランでギリアム作品でもお馴染みのジョナサン・プライス。トビー役は「スター・ウォーズ」シリーズなどのアダム・ドライバーが演じた。第71回カンヌ国際映画祭のクロージングを飾り称賛を浴びた。

TOHOシネマズ シャンテほか全国にて

テリー・ギリアムのドン・キホーテ公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録