東京のおでかけイベント情報満載

宮本から君へ

2019年09月27日(金)~ 公開中

“極限の人間賛歌”エンターテインメント

(C) 2019「宮本から君へ」製作委員会

監督

: 真利子哲也

原作

: 新井英樹

出演

: 池松壮亮/蒼井優/井浦新/松山ケンイチ/一ノ瀬ワタル/柄本時生/星田英利/古舘寛治/ピエール瀧/佐藤二朗

製作年

: 2019

製作国

: 日本

配給

: スターサンズ、KADOKAWA

上映時間

: 129分

解説・あらすじ

文具メーカーで働く営業マン・宮本浩は、笑顔がうまくつくれない、気の利いたお世辞も言えない、なのに、人一倍正義感が強い超不器用な人間。会社の先輩・神保の仕事仲間である、自立した女・中野靖子と恋に落ちた宮本は、靖子の自宅での食事に呼ばれるが、そこに靖子の元彼・裕二が現れる。裕二を拒むため、宮本と寝たことを伝える靖子。怒りで靖子に手を出した裕二に対して、宮本は「この女は俺が守る」と言い放つ。この事件をきっかけに、心から結ばれた宮本と靖子に、ひとときの幸福の時間が訪れる。ある日、営業先で気に入られた真淵部長と大野部長に誘われ、靖子を連れて飲み会に参加した宮本は、気合いを入れて日本酒の一升瓶を飲み干し、泥酔してしまう。見かねた大野が、真淵の息子・拓馬の車で送らせようと拓馬を呼びつけた。そこに現れたのは、ラグビーで鍛えあげられた巨漢の怪物だった…!泥酔する宮本と、宴会を楽しむ靖子、二人の間に人生最大の試練が立ちはだかる…。
世代を超えて読み継がれる漫画家・新井英樹による伝説の漫画「宮本から君へ」。2018年4月にテレビ東京で放送されたドラマが第56回ギャラクシー賞テレビ部門奨励賞を受賞するなど反響を呼び、ついに映画化。主人公・宮本浩をドラマに続き池松壮亮、ヒロイン・中野靖子を蒼井優が演じる。今回、感情をむき出しにして激しくぶつかり合う宮本と靖子の難しい役どころを、絶妙なコンビネーションで演じている。監督は、『ディストラクション・ベイビーズ』で商業映画デビューし、ドラマ版「宮本から君へ」でも監督・脚本を務めた真利子哲也。(作品資料より)

全国にて

宮本から君へ公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録