東京のおでかけイベント情報満載

Fukushima 50

2020年03月06日(金)~ 公開中

  • トップ

あの原発事故で、現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿
監督

: 若松節朗

原作

: 門田隆将

出演

: 佐藤浩市/渡辺謙/吉岡秀隆/安田成美/緒形直人/火野正平/平田満/萩原聖人/吉岡里帆/斎藤工/富田靖子/佐野史郎

製作年

: 2020

製作国

: 日本

配給

: 松竹、KADOKAWA

上映時間

: 122分

解説・あらすじ

2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。マグニチュード9.0、最大震度7という巨大地震は想定外の大津波を引き起こし、福島第一原子力発電所を襲う。津波による浸水で全電源を喪失し、このままでは原子炉の冷却装置が動かず、炉心溶融(メルトダウン)によって想像を絶する被害がもたらされる事が明らかとなる。伊崎利夫ら現場作業員は、原発内に残り原子炉制御に奔走する。全体指揮を統括する吉田昌郎所長は、状況を把握できない本社や官邸に対し怒りをあらわにする。
東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、現場に留まり奮闘し続けた人々の姿を描いたヒューマンドラマ。原作は90人以上の関係者への取材を基に、東日本大震災について綴った門田隆将のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」。想像を超える被害がもたらされた原発事故の現場で、実際に何が起きていたのかが克明に描かれる。当直長を演じる佐藤浩市、原発所長役の渡辺謙をはじめ、ベテランから若手俳優まで日本映画界を代表するキャストが集結、海外メディアから“Fukushima 50”と称された約50人の作業員たちを演じている。メガホンをとったのは、『沈まぬ太陽』や『空母いぶき』など大作には欠かせない若松節朗監督。

全国にて

Fukushima 50公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録