• ヴェノム 3D 4DX<日本語吹替版>

ヴェノム 3D 4DX<日本語吹替版>

2018年11月02日(金)~ 公開中

マーベル史上“最悪”のヴィラン登場!

(C) & TM 2018 MARVEL. (C) 2018 CPII. All Rights Reserved.

監督

: ルーベン・フライシャー

出演

: トム・ハーディ/ミシェル・ウィリアムス/リズ・アーメッド/スコット・ヘイズ/リード・スコット

製作年

: 2018

製作国

: アメリカ

配給

: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

上映時間

: 112分

解説・あらすじ

宇宙から帰還中のライフ財団のスペースシャトルが墜落した。回収されたカプセルの中には、「シンビオート」という宇宙生命体が収められていた。やがてジャーナリストのエディは、財団の研究所で人体実験が行われ、多数の死者が出ている情報を得る。証拠を掴もうと研究所に潜入したエディだが、そこでシンビオートに寄生されてしまう。財団の追っ手がエディに迫る時、エディの中で“何か”が正体を現わす。
マーベルコミックの中でも人気が高いヴィラン(悪役)のヴェノム。これは宇宙から来た生命体に寄生されたジャーナリスト、エディの変身キャラで、スパイダーマンの最大の宿敵であり、2007年にはトビー・マグワイア版の『スパイダーマン3』にも登場している。今回はシリーズの仕切り直しと共に、この人気キャラを単独作品で映画化。他のマーベル作品とはしがらみがない、単体作品としても楽しめるようになっている。ヴェノムになる記者エディを演じるのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディ。ヴェノムは宇宙生命体と人間がひとつになった、ふたつの人格を持つキャラクター。そのため本作では、ヴェノムの凶悪な造形以外にも、エディとヴェノムのユーモアさえ感じさせる対話シーンも見どころだ。意外にバイオレンス表現も控えめで(PG12)、誰にでも楽しめるエンタメ作品になっている。

全国にて

ヴェノム 3D 4DX<日本語吹替版>公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録