東京のおでかけイベント情報満載

  • 永遠の門 ゴッホの見た未来

永遠の門 ゴッホの見た未来

2019年11月08日(金)~ 公開中

花は枯れるもの。でも、僕の絵はずっと残る

(C) Walk Home Productions LLS 2018

監督

: ジュリアン・シュナーベル

出演

: ウィレム・デフォー/ルパート・フレンド/マッツ・ミケルセン/オスカー・アイザック/マチュー・アマルリック/エマニュエル・セニエ

製作年

: 2018

製作国

: イギリス=フランス=アメリカ

配給

: ギャガ、松竹

上映時間

: 110分

解説・あらすじ

画家として全く評価されずに鬱鬱としていたゴッホは、「明るい光がほしいなら南へ行け。アルルだ」とゴーギャンに勧められ、パリを離れる。畑や丘を歩き回り、全身に太陽の光を浴び、風を感じながら、ひたすら描き続ける。相変わらず一枚も売れず、ここでも彼の絵を認めない村人たちとトラブルになるが、弟テオの計らいでゴーギャンがやって来て救われる。しかし、“黄色い家”での共同生活は長くは続かなかった。
誰にも見えないものを見ていたフィンセント・ファン・ゴッホ。「君だけが自然を前に思考する」とポール・ゴーギャンに言わしめた天才は、どこへ行っても異端視され続けたが、未来の人のための画家であることを自覚していた。自身も画家である『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル監督がゴッホの視点で描く本作は、ありふれた伝記映画にはないユニークで深遠な世界を見せてくれる。共同脚本に大ベテランのジャン=クロード・カリエールを迎え、撮影監督ブノワ・ドゥロームのカメラワークも独創的だ。さらに、ゴッホの情熱と孤独を演じたウィレム・デフォーが素晴らしい。第75回ヴェネチア国際映画祭男優賞受賞作品。

新宿ピカデリーほか全国にて順次公開

永遠の門 ゴッホの見た未来公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録