• LION/ライオン 〜25年目のただいま〜

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜

2017年04月07日(金)~ 公開中

  • トップ

Google Earthで故郷を発見した奇跡の実話
監督

: ガース・デイヴィス

原作

: サルー・ブライアリー

出演

: デヴ・パテル/ルーニー・マーラ/ニコール・キッドマン/デヴィッド・ウェンハム/サニー・パワール

製作年

: 2016

製作国

: オーストラリア=イギリス=アメリカ

配給

: ギャガ

上映時間

: 119分

解説・あらすじ

1986年、5歳のサルーはインド中部の村でシングルマザーの母親と兄妹たちと暮らしていた。ある日、兄グドゥの仕事について行ったサルーは回送電車の中で寝てしまい、目が覚めると列車は動き出していた。数日後、サルーが到着したのは東の大都市コルカタ。迷子になったサルーは施設に入れられるが、やがて子供を欲しがっているオーストラリアの夫婦に引き取られる。2008年、成長したサルーは、自分の“故郷”を探し始める。
2012年と比較的最近の事だから、このニュースを目にした方もいると思う。5歳で迷子になり、養子としてオーストラリアで育ったインド人青年が、幼い頃の記憶を頼りにGoogle Earthで自分がかつて住んでいたインドの家を見つけ出した。この奇跡のような出来事を映画化。5歳のサルーが迷子になる前半と、成長したサルーを描く後半を時間配分も同じくらいの作りになっている。成長したサルーが、自分の実の家族を捜す事は養父母に対する裏切りにならないかと葛藤するシーンや、彼の弟(やはり養子)を登場させるなど、養子縁組の難しさを避けずに描き、作品に深みを与えている。しかし、やはり心を掴まれるのは5歳のサルーが迷子になる前半だ。とにかくこの少年の眼差しが素晴しく、一気に物語に引き込まれる。

TOHOシネマズみゆき座ほか全国にて

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す