東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントの中止・変更、店舗・施設の休業、営業時間の変更が発生している場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

オープンカレッジ 2020年春期講座022「明智光秀とその時代」<大学>

土曜日 5月9日、16日、23日、30日

クリップ路線・徒歩ルート

クリップ周辺情報を見る

  • トップ

≪歴史文化学科共催 大河ドラマをより深く楽しむための歴史学講座≫
 明智光秀とその時代

イベント詳細

第1回  大河ドラマと中世史研究-史実と創作のあいだ
 NHK大河ドラマは、今年で59作品となります。その半数は11~17世紀初頭を扱ったもので、人気の高さがわかります。しかし、各作品にはどれほど史実が反映されているのでしょうか。そこで、本講座では、改めて「麒麟がくる」の時代とはどのような時代なのか、主人公明智光秀とは如何なる武将だったのか、3人の講師により最新の研究成果を講義していきます。1回目は、本講座の狙いを講義します。 

第2回  明智光秀の生涯と本能寺の変
 明智光秀は、その名がよく知られているにもかかわらず、謎の多い人物です。確実な史料に登場する期間は、長くとらえてもわずか15年ばかりにすぎません。ここでは光秀の生きた時代の史料を中心に、そこから読み取ることができる彼の生涯やその人物像を探るとともに、史上名高い「本能寺の変」がどのようにして起きたのかという問題について考えていきたいと思います。

第3回  戦国時代の女性
 かつて大河ドラマでは様々な女性達が描かれてきました。「麒麟がくる」でも、細川ガラシャをはじめ多くの女性達が登場することでしょう。はたして、戦乱の時代にあって女性たちはいかに生きてきたのでしょうか。女性の地位や活躍の場はどのようなものだったのでしょう。本講座では、当時の女性に関する史料を紹介しつつ、戦国時代に生きた女性たちについて改めて考えてみたいと思います。

第4回 大河ドラマと中世史研究-本講座のまとめと展望
 ドラマに最新の成果を取り入れるあまり、ドラマ自体が難解になったり、視聴者の期待を裏切る結果となったりして、視聴率の低下を招きかねないかもしれません。その一方で目の肥えた歴史ファンにも、コアなネタをちりばめ、彼らの期待を満足させる内容も求められているのではないでしょうか。本講座を終えるにあたって、専門的な成果とドラマとの関係は今後どうあるべきか、受講生各自、想像を巡らせていただければと思います。

基本情報

イベント名 オープンカレッジ 2020年春期講座022「明智光秀とその時代」<大学>
開催期間 土曜日 5月9日、16日、23日、30日
最寄り駅 東武練馬駅(徒歩3分)
会場 大東文化会館
時間 開始:10:30
終了:12:00
定員・対象 定員:40名
申込み 講座受講申込受付は、終了いたしました。
※秋期講座パンフレットは、8月上旬に完成予定です。ご希望の方はお問い合わせください。
料金・費用 全4回:7,000円
※本学オープンカレッジを初めて受講される方は、入会金が別途5,000円かかります。
お問い合わせ 大東文化会館地域連携センター
電話番号:03-5399-7399
メールアドレス:
主催 大東文化大学地域連携センター
オフィシャル
サイト
大東文化大学

大東文化大学会館 地域連携センターのその他のイベント

大東文化大学会館 地域連携センターのイベント一覧を見る

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

イベントカテゴリから探す

その他のイベント情報をエリアから探す

くらしのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる