東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録

オープンカレッジ 2019年秋期講座105「資本主義を発展させた3人の賢人」<大学>

金曜日 11月22日、29日、12月6日
  • トップ

資本主義を発展させた3人の賢人

イベント詳細

 日本の資本主義の土台を作った渋沢栄一、世のため人のためを商売の土台とした石橋正二郎、アイディアこそビジネスの土台とした寺田千代乃、明治から現代まで受け継がれ発展している起業家魂を追ってみる。
第1回 渋沢栄一:道徳経済合一
 エンゼルスの大谷選手の愛読書でもある渋沢の『論語と算盤』では、人の営みや苦しみが分かってこそ商売があると、説く。「社会のために尽くすものに対しては、天もまた恵みを与えてくれる」との名言がある。前代未聞の500以上の会社を設立し、600以上の教育・社会事業に係った渋沢のアニマルスピリットとは何なのか。
第2回 石橋正二郎:利他心が利己心を上回る
 毎日働く労働者に1日でも長く使えしかも安い地下足袋を提供したい。砂利道を通学する子供たちに丈夫な運動靴を履かせたい。石橋の商売のスタートアップはここにあった。地下足袋や運動靴の開発で身に付けた技術は自動車タイヤの開発へと向かい世界の一流企業へと成長した。これからが、石橋のホスピタリティである。収益の多くで名画を取集し、東京や地元久留米に美術館の設立や大学の設立に寄与する活動に勢力を注ぐ。すべては、「世のため人のため」である。
第3回 寺田千代乃:アイディアは人を育てる
 「0123アート引越センターへ」で始まる、このコマーシャル・メッセージに、寺田のビジネスの基本がすべて含まれている。電話番号、一つを取ってみてもその会社の意気込みが現れる。それが「0124で始まってはいけないのである。」さらに、寺田の目線である。「もしわたしがお客さんであったら、おそらくこんなことを望むだろう、またこんなことをされたら、我慢できない」。そうしたことを引越業務に生かしていった。寺田のモットー、企業家は知的イノベーターでなければならない。

基本情報

イベント名 オープンカレッジ 2019年秋期講座105「資本主義を発展させた3人の賢人」<大学>
開催期間 金曜日 11月22日、29日、12月6日
最寄り駅 高坂駅
会場 大東文化大学東松山キャンパス
時間 開始:10:55
終了:12:25
定員・対象 定員:30名
申込み 講座受講申込受付期間:8月22日(木)~9月2日(月)
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです。
受付期間終了後も定員に余裕のある講座はお申込を受付します。ご希望の方はお問い合わせください。
料金・費用 全3回:5,500円
※本学オープンカレッジを初めて受講される方は、入会金が別途5,000円かかります。
お問い合わせ 大東文化大学東松山キャンパス地域連携センター
電話番号:0493-31-1534
メールアドレス:
主催 大東文化大学地域連携センター
オフィシャル
サイト
大東文化大学

大東文化大学東松山校舎 地域連携センターのその他のイベント

大東文化大学東松山校舎 地域連携センターのイベント一覧を見る

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

イベントカテゴリから探す

その他のイベント情報をエリアから探す

くらしのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる