コメント

3

東京都

唐十郎率いる劇団「唐組」の芝居「紙芝居の絵の町で」を見てきました。

舞台の「赤テント」が立っているのは、新宿・花園神社。
テント内の桟敷席に座れば、そこは異空間。
最初から最後まで、現実と非現実の間をさまよえます。

今回の公演は6月17日、18日が最終。当日券は会場受付で午後1時より販売。

投稿日: 2006/6/14 23:57

投稿画像(3枚)

前へ

次へ

  • 新演出の作品「紙芝居の絵の町で」ポスター

    新演出の作品「紙芝居の絵の町で」ポスター

  • テントの上に掲げられた旗

    テントの上に掲げられた旗



コメント(3件)

  • 今年、唐十郎さんが公演するようですので、掲載されている写真少しお借りしました。盧溝橋の獅子というブログで使用させていただきます。
    今回初めて観るので、凄く参考になりました。
    勘三郎さんの平成中村座の原点とも言われている紅テント早くみたいですねー。

  • >shanben7jpさん わたしも初めて見たのですが、とにかく舞台に惹きつけられっぱなしでした。そしてやはり、唐さんの存在感はすごかったです。

  • まい

    まいさん

    おおー赤テントが花園神社に。唐組のお芝居見てみたいですー。

コメントと投稿が完了しました

コメント投稿した口コミを共有しよう

閉じる

タグ(投稿テーマ)

これらの口コミは、ユーザーの皆様の主観的なご意見・ご感想であり、スポットやイベントの価値を客観的に評価するものではございませんので、参考の一つとしてご活用ください。また、これら口コミは、ユーザーの皆様が訪問した当時のものです。内容、金額、サービス内容、催事の内容等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

特派員情報

ニックネーム未設定

ニックネーム未設定さん

(30代/女性)

ニックネーム未設定さんのイケてる!口コミ

 

ページTOPへ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる