東京のおでかけイベント情報満載

コメント

4

 この映画を観るためではなくて、この写真の看板を観に行きました。手描き看板なんて銀座でかかったのはさていつのころまでだったのでしょう。そのころの写真を撮りたかったなぁ。それにしても21世紀になって、この銀座で本物を見られたのは嬉しい。

■カーテンコール
http://www.curtaincall-movie.jp/

■シネスイッチ銀座
中央区銀座4-4-5 旗ビル
03-3561-0707

投稿日: 2005/11/12 11:16



コメント(4件)

  • それでも最近、別の場所で見たことがあって、あまりにも似てないのでビックリした記憶があります。この久保板観さんは上手ですね。青梅生まれのこの人が、青梅でなつかしの映画看板をたくさん描いていて、旧青梅街道で眺められるようです。町おこしの一環のようです。

  • 手描き看板いつのまにか見なくなってましたね。
    手描きって、似ている絵だったり似ていない絵だったりするのが楽しいですよね。

  • それは知りませんが、最盛期には1日に1枚描いていく作業を続けられたそうで、最速だとそのスピードで済むということになりますね。この手描き看板は久保板観さんの作品です。

  • inba

    inbaさん

    このタッチ、まさに泣きたくなるほど懐かしいです。どのくらいの時間をかけて描くのでしょうかねー。

コメントと投稿が完了しました

コメント投稿した口コミを共有しよう

閉じる

タグ(投稿テーマ)

これらの口コミは、ユーザーの皆様の主観的なご意見・ご感想であり、スポットやイベントの価値を客観的に評価するものではございませんので、参考の一つとしてご活用ください。また、これら口コミは、ユーザーの皆様が訪問した当時のものです。内容、金額、サービス内容、催事の内容等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

特派員情報

ニックネーム未設定さんのイケてる!口コミ

 

ページTOPへ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる