東京のおでかけイベント情報満載

学園祭グランプリレポートスタッフのIです。

日本工業大学の学園祭「若杉祭」にお邪魔してきました!
天気にも恵まれ、ぽかぽかと暖かな陽気の中、
東武動物公園駅よりキャンパスへ向かうバスに乗りました。

まず正門で出迎えてくれたのは、大きな立て看板!
学園祭のコンセプトが「ONE」ということで、
よく見ると「1」「ONE」と描かれています。
構内の野外ステージにも同じコンセプトの看板がありましたが、
二つとも白地にカラフルな色使いで
工業大学の硬い雰囲気を感じさせません。
他にも様々な看板があり、お祭り感を感じる構内を練り歩くことに。

歩きつつ外を見ようと窓を見ると…なにやら可愛らしい絵が貼られていますね。
調べてみると、地元の小学生が「夢」について描いた絵のようで
「ファッションショー」や「コックさん」などの夢が並んでいます。
しかしパンフレットを見ると、この中に一枚、学園祭実行委員長が描いた絵が混じっているとか。
これがまたいい感じに混じっており、結局貼ってあるところを見つけられませんでした。
さすが工業大学生はものづくりが上手い。地味に悔しい。

なんだか工業大学というか、芸術大学に来た感覚になってきましたので
工業大学らしさを感じようと、人力飛行機の展示場所へ。
教室には飛行機の骨組みと、作成現場の写真などが展示されており
その大きさに圧倒されます。
翼は全長で30m程度にもなるとのことで、これが人力で空を飛ぶのかーとしげしげと観察。
ちなみに、速度調整はギアではなくプロペラ角度の調整で行うとか。
尾翼をレバーで動かしてみましたが、なかなかに俊敏な動きだったのも意外でした。
現在は主翼の修理中とのことでしたが、いつかまた大空を飛ぶ日を想像しながら
機体をベタベタと触ったりしてきました。

空の次は陸!
ということで、もうひとつ楽しみにしていたミニSL運行の会場へ。
会場である工業技術博物館に向かうと、すでに行列が出来ていました。
子供たちが目立ちますが、意外とお年を召した方達も楽しそうに並んでいます。
そして!皆の視線の先にはミニサイズのSLが!
蒸気を出しながら走る姿は、ミニサイズではありますがやはり迫力があります。
かなりの人が並んでいたので乗るのはあきらめ、バシャバシャと写真を撮りました。
また、会場の横の赤レンガ倉庫には1/1サイズのSLが展示されていました。
自分が行った日は屋内展示のみでしたが、前日は実際に運行していたとか。
動いてる姿見てみたかった…次はいいカメラ持って二日とも来よう。

ミニSL撮影に満足したところで、少しお腹がすいたので模擬店を回ることに。
途中、ロボットアームでお菓子を取る出し物をやっている研究室や
無線部による放送を聴きつつ、いい匂いがした小籠包と焼きおにぎりを確保。
食べる場所として、何やらイベントで盛り上がっている野外ステージ前を確保しました。
とりあえず食べることにします。おいしい。おいしいけど焼きにおにぎり大きい。
でもおいしい。

大きい焼きおにぎりの後にピリ辛の小籠包をほおばりながらステージを堪能することにします。
学園祭らしいお昼タイムを満喫してる感。最高ですなぁ。

ステージでは、チーム対抗でのトランプタワー建築が行われていました。
大きなトランプを素材として、出来上がったタワーの高さを競うという内容ですが
なんと「チートあり」と言うルール。
匠っぽいBGMをバックに、チートアイテムとして割り箸やガムテープが使われたトランプタワー。
工業大学生らしく、骨組みで強化しつつ風が抜けるようにしたりと工夫して組みあげられ、
最終的に一番大きなタワーは153cmと言う記録に!
25分の作成時間でしたが、目が離せませんでした。

工業大学らしい展示物などを置きつつも、遊び心を忘れない企画が満載の「若杉祭」。
大人から子供まで楽しめる学園祭でしたので、次は家族と来たいと思える学園祭でした!

投稿日: 2015/11/16 17:09

投稿画像(7枚)



コメント(0件)

コメントと投稿が完了しました

コメント投稿した口コミを共有しよう

閉じる

この投稿にひもづけられた情報

これらの口コミは、ユーザーの皆様の主観的なご意見・ご感想であり、スポットやイベントの価値を客観的に評価するものではございませんので、参考の一つとしてご活用ください。また、これら口コミは、ユーザーの皆様が訪問した当時のものです。内容、金額、サービス内容、催事の内容等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページTOPへ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる