東京のおでかけイベント情報満載

こんにちは!
学園祭グランプリレポートスタッフのRです。

11月3日、秋晴れの中、理工白門祭に行って参りました。
後楽園駅から公園を抜けて中央大学の正門を入ると、少し強めの秋風が構内の木々が揺らし、黄色い落ち葉がたくさん舞っていました。つい見とれてしまいそうになりましたが、まずは受付でパンフレットを頂きました。
パンフレットのデザインが意外や意外、パステル調の可愛らしいイラストが描かれています。マスコットキャラクターの【はくモンキー】も可愛い♪この意外性も魅力の一つだと思いました。

朝食を食べずにきたので、模擬店でブランチ用のコーヒーとホットサンドを注文。コーヒーは目の前で“手淹れ”で淹れてくださいます。まさか学園祭で手淹れのコーヒーが飲めるとは!?とても驚きました。もちろん、ホットサンドも出来立てです。近くのベンチに座り、綺麗な落ち葉を見ながら美味しいコーヒーとホットサンドを頂きました。来たばかりなのにすっかり落ち着いてしまいます(笑)それは、ステージなどがなく、派手な演出もなく、落ち着いた雰囲気だからこそかもしれません。

しかし、パンフレットには校舎内の派手な企画が!?とても充実しています。

始めにお伺いしたのは【Eco実験パフォーマーらんま先生のサイエンスショー】
中に入ると子どもがたくさん。らんま先生の演出にワクワクドキドキしている様子が伝わってきます。そして、大人!無邪気な表情でステージに釘付けになっていました。らんま先生のやること全てに夢中になってしまいます。
子どもも大人も本気で楽しめる、会場一体型のサイエンスショー。私、すっかりらんま先生のファンになってしまいました。

ショーが終わり、まだ興奮が治まらないまま階段を降りて…目に留まったのは【写真展】でした。
思っていた以上に写真の枚数が多く、ジャンルも様々。見応えがあります。
風景、乗り物、人物、動物などなど…
飛行機の写真が数枚有りましたが、今にも動きそうなほどどれも迫力ある写真でした。
猫の写真も数枚。その中に4ヶ月の時と1歳の時のポーズを見比べられるように展示している写真が。飼い主の愛情を感じられる写真でした。
ドキドキする写真、ワクワクする写真、ほっこりする写真、癒される写真…
心がたくさん動きました。

次にお邪魔したのはでんじろう先生のお弟子さん【ジャイアン村上】さんの実験教室へ。面白い実験を一緒に体験できることもあり、子どもがたくさんいました。とても興味深いスケールの大きい実験を見せて下さり、子どもたちはもちろん、大人からも「お~!」という声が勝手に出ています。終始、参加者全員が釘付けとなっていました。

頭を使った(?)後に欲しくなるのが甘い物。まだオープン前でしたが【りこはくカフェ】に向かいました。すると…行列ができているではありませんか。
私もすぐに並びました。待ちに待ったオープン!私は《イチゴとブルーベリーのケーキとレモンティー》を注文しました。ベリー系の程よい酸味とスポンジの甘さ、そしてチョコのほろ苦さが絶妙で大人の女性が好む味になっていました。390円でケーキと飲み物、そしてお土産付き。安過ぎてビックリです!
頭も心も…そしてお腹も満たされて、大満足の1日となりました。

投稿日: 2015/11/16 16:56

投稿画像(7枚)



コメント(0件)

コメントと投稿が完了しました

コメント投稿した口コミを共有しよう

閉じる

この投稿にひもづけられた情報

これらの口コミは、ユーザーの皆様の主観的なご意見・ご感想であり、スポットやイベントの価値を客観的に評価するものではございませんので、参考の一つとしてご活用ください。また、これら口コミは、ユーザーの皆様が訪問した当時のものです。内容、金額、サービス内容、催事の内容等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページTOPへ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる