東京のおでかけイベント情報満載

こんにちは!
学園祭レポートスタッフのSです。

武蔵野美術大学の学園祭に参加してきました♪
美術大学=芸術クリエイターがあふれる学校というイメージが行く前からあったので、学園祭の装飾や学生のファッション、作品展示などとても楽しみにしていたのですが・・・・

学校についてビックリ!!
校内に入る門のところから、まるで某レジャー施設のような装飾がされていました。

今回は例年のポップな印象とは一味違う、ちょっとクールで挑戦的なテーマ『ART SPY』
!!ムサビ生が作り上げた祭から、来場者の方々へ「秘密」を探っていただきたいという意
味が込められたテーマ。

学校についたとたん広がる非現実的な空間作りにカメラのシャッター何度もきってしまいました。

インフォメーションでパンフレット(無料)もらい、場所や企画の内容を確認してみたところ、作品展示、パレード、劇、ダンス、フリーマーケット、模擬店、プロジェクションマッピングなど、大学の学園祭のなかでもとても沢山の企画がつまっていました。
また、パンフレットにはこの他にもここにオススメの企画を紹介する占いや、ゲームなども記載があり、パンフレットにも遊び心がたくさん詰まっていました。

模擬店で人気の高かった『しろくまパンケーキ』を食べながら、散策していると、屋外のあちこちで学生がフリーマーケットをしていました。
お店を覗いてみると、そのほとんどが学生の作品でした。洋服、アクセサリー、小物、食器、など様々な商品が並んでおり、その一つ一つがほぼ一点もの!学園祭の思い出にとてもオススメの作品が沢山ありました。

屋外から12棟にわかれた屋内の展示スペースからいくつかの作品をピックアップ!!

まず一つ目は鷹の台キャンパス体育館で行われていた、『音めがね』
こちらはアートと音楽が融合したライブ!残念ながらあまりの反響にチケットの購入はできませんでしたが、ライブを観た人からはとても楽しかったという声があちこちで聞こえてきました。

校舎内を回ると油絵、アニメーション、映像作品、陶芸、版画、切り絵なあどなど本当nたくさんのアートがつまっていて、一日でいくつもの美術館に行ったような気分になれました。

沢山のアートをみた最後に、学園祭の目玉の1つでもある『プロジェクションマッピング』をみるために再び屋外へ。

美術館前でまっていると5分間にわたり音楽とアートで壮大に作られた映像が放映されました。この作品も在学生が作ったものだそうですが、学生とは思えないクオリティーの高い作品でした。

武蔵美術大学の学園祭は音楽・ファッション・アートなどの芸術の非現実的な世界に引き込まれるとても楽しい学園祭でした。
都心からは少し距離がありますが、アートや音楽が好きな方にはぜひ一度行ってみていただきたい学園祭でした。

投稿日: 2015/11/2 20:39

投稿画像(7枚)



コメント(0件)

コメントと投稿が完了しました

コメント投稿した口コミを共有しよう

閉じる

この投稿にひもづけられた情報

これらの口コミは、ユーザーの皆様の主観的なご意見・ご感想であり、スポットやイベントの価値を客観的に評価するものではございませんので、参考の一つとしてご活用ください。また、これら口コミは、ユーザーの皆様が訪問した当時のものです。内容、金額、サービス内容、催事の内容等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページTOPへ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる