東京のおでかけイベント情報満載

イケてる!

2

こんにちはー!
1,000円片手に東京メトロの各駅周辺で感動を見つけて紹介する「レッツの感動1,000円プラン」。今回からはいよいよ副都心線に突入します! 東京メトロで最後に開通した線ですね。
今週もノグチのナビゲートでお届けしまーす!

初めの駅は「渋谷駅」。銀座線、半蔵門線に続いてのスタート駅でございます。
副都心線と直結している人気スポット「渋谷ヒカリエ」も相変わらずの賑わい。今回はまずここからすぐの「東京トンテキ(写真1)」へ!

「東京トンテキ」は豚のステーキが楽しめるお店。まだまだ涼しいとは言えないこの時期、暑さでバテがちの体に喝を入れるべく、ビタミンB1のたっぷりの豚肉を食らいます!

「トンテキ定食1,000円(写真2)」。200gの豚肩ロース! ゴハンにお味噌汁と漬物付きで、かつトンテキと一緒に盛られたキャベツは大盛り! ゴハンの量もハンパないです!!

厚切りのお肉にナイフとフォークを入れ、ソースをもう一度絡めていただきます。分厚いのに柔らか!
食感にも、甘くて濃いオリジナルソースにも感動です! ゴハンはもちろん、キャベツにも抜群の相性。ちなみにお味噌汁は豚汁! 徹底しております。

大満腹のランチを終え、力をつけたところで次の目的地へ移動。
お店からも近い「金王八幡宮(メイン写真)」です!

渋谷駅も近いのに、あの喧噪はどこへやら。大都会にいることを忘れそうな穏やかさです。
金王八幡宮は、戦いで大功を立てた河崎土佐守基家が信奉する八幡神を、源義家がこの地に勧請し、創建されました。そして基家の子・重家が堀河天皇より“渋谷”の姓を賜ったことから、後にこの一帯を渋谷と呼ぶようになったという設があるそうです。
この八幡宮を中心に渋谷城も建てられ、その砦の岩が境内にありました(写真3)! 渋谷城見てみたかったですね。

なかなか子ができなかった重家は、この八幡宮に祈願を続けていたそうです。ある日妻の胎内に金剛夜叉明王が宿る夢を見たところ、立派な子が誕生! 金剛夜叉明王の最初と最後の一文字ずつをいただき、名付けられたのが“金王丸”です!
武勇に優れ、源義朝、頼朝の両者に仕えた金王丸。その名声から「金王八幡宮」と呼ばれるようになったとのことです。

境内には、そんなすごい金王丸さんの御影堂(写真4)があり、17歳で出陣する際、形見として母親に渡した自分を彫刻した木像が納められています。この貴重な木像は、3月最終土曜日の「金王丸祭」にて特別公開されるとのことで、残念ながら普段は見ることができません。

また、頼朝が金王丸の名を後世に残すべし!と、鎌倉から移植した(という説のある)「金王桜」もあります(写真5)。一枝に一重と八重が入り混ざって咲く珍しい桜で、長州緋桜という種類なんだとか。咲く頃にまた来たいですね!

八幡宮の社殿のほか、境内には赤が鮮やかな「玉造稲荷神社(写真6)」や商売繁盛のご利益がある「御嶽神社」の末社もあります。

各地各国から人が集い、飲食店も無数に建ち並ぶ渋谷にあって、絶えず行列をつくり続ける「東京トンテキ」。こだわりトンテキは夏バテも吹き飛ぶボリューム満点の逸品で大満足! そしてこの地に八幡宮が創建された理由から、渋谷と金王丸八幡宮の名称の由来を知ることができて、とても勉強になりました!
トンテキ1,000円でしたが、予想以上に奥深い歴史を持つ渋谷での感動体験に、個人的には1,900円払いたいです!

金王八幡宮はハチ公より、もっともっと前のお話でしたねー。

次回は「明治神宮前駅」に行って参ります!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
東京トンテキ
住所:東京都渋谷区渋谷2-22-10 タキザワビル2F
営業時間:11:00~15:30 18:00~23:00
定休日:なし
電話番号:03-3797-9589
http://tokyotonteki.jp/

金王八幡宮
住所:東京都渋谷区渋谷3-5-12(社務所)
電話番号:03-3407-1811
http://www.geocities.jp/ynycr674/index.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

投稿日: 2013/9/3 10:27

投稿画像(7枚)

前へ

次へ

  • (写真1)ランチタイムは行列必至! なので11時のオープン前にスタンバイです。

    (写真1)ランチタイムは行列必至! なので11時のオープン前にスタンバイです。

  • (写真2)厚切り豚はジューシーで柔らかく、特製ソースは絶品! トンテキは感動のオンパレード。

    (写真2)厚切り豚はジューシーで柔らかく、特製ソースは絶品! トンテキは感動のオンパレード。

  • (写真3)渋谷城は1524年に北条の一軍に襲撃されて焼失してしまったそうです。残念!

    (写真3)渋谷城は1524年に北条の一軍に襲撃されて焼失してしまったそうです。残念!

  • (写真4)金王丸御影堂が特別に開帳される金王丸祭の日には、金王桜の花見の宴も同時開催!

    (写真4)金王丸御影堂が特別に開帳される金王丸祭の日には、金王桜の花見の宴も同時開催!

  • (写真5)金王桜と一緒に、松尾芭蕉の句碑も立てられております。

    (写真5)金王桜と一緒に、松尾芭蕉の句碑も立てられております。

  • (写真6)玉造稲荷神社の御祭神は宇賀御魂命。稲荷神社なので農耕の神様ですね。

    (写真6)玉造稲荷神社の御祭神は宇賀御魂命。稲荷神社なので農耕の神様ですね。



コメント(0件)

コメントと投稿が完了しました

コメント投稿した口コミを共有しよう

閉じる

これらの口コミは、ユーザーの皆様の主観的なご意見・ご感想であり、スポットやイベントの価値を客観的に評価するものではございませんので、参考の一つとしてご活用ください。また、これら口コミは、ユーザーの皆様が訪問した当時のものです。内容、金額、サービス内容、催事の内容等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

特派員情報

*****

*****さん

*****さんのイケてる!口コミ

 

ページTOPへ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる