東京のおでかけイベント情報満載

今年3月、根津美術館にほど近いところに、古いビルをリノベーションしたインテリアショップがオープンしました。イタリアモダンを中心とした家具や照明等を中心に、約100㎡のフロアー4層で構成されています。広すぎず、程よい空間にコーディネートされたインテリアシーンは、リアルに身体で感じる事ができます。

この店を『ミラネーゼ(ミラノっ子)の小さな家』と表現するのは、空間デザインを担当したイタリアを代表するデザイナー、ピエロ リッソーニ。地下1Fでは、リッソーニが考えるコンセプトルームが提案されています。新しい感覚と古い素材が気持ちよくミックスされていて、一見モダンなテイストは抵抗があるな……と思っていても意外や意外、気持ちよく感じられ、不思議に和む空間が広がっています。さすが!リッソーニ。抜群のバランス感覚の良さを感じてしまいます。

2Fはゆったりとしたリビングとダイニング、そしてTASCHEN社の洋書を取り揃えたライブラリーが併設された空間。時間を忘れてしまいそうな心地よさが出迎えてくれます。

3FはSOHOを思わせるオフィス空間と居住スペースを配置。近年のライフルタイルの提案が楽しめます。ここは、ギャラリースペースにもなっており、アートを楽しめる場所も提供されています

そして1F。こちらは、只今ディバーニ社のSHIRO KURAMATA コレクションが逆輸入とういう形で展示され、ポストモダンファンには見逃せないコーナーに。注目のアクセサリーエリアには、こぢんまりとした中にもインテリアを彩るセンスのよい小物や、アーティストによるジュエリーがセレクトされていて、見応え十分です。今回はこちら、白を基調としたアクセサリーエリアのアイテムを中心にご紹介します!

投稿日: 2011/5/10 10:02

投稿画像(7枚)

前へ

次へ

  • ■ リビングをデコレーションするのは優雅な木のオブジェ(\8,400〜)

    ■ リビングをデコレーションするのは優雅な木のオブジェ(\8,400〜)

  • ■ フランス製のキャンドルは芯が木製で炎の灯った姿も美しい(\7,140)

    ■ フランス製のキャンドルは芯が木製で炎の灯った姿も美しい(\7,140)

  • ■ 日本人女性2人によるデザイナーユニットのプレート(\1,260〜)

    ■ 日本人女性2人によるデザイナーユニットのプレート(\1,260〜)

  • ■ 井藤昌志氏のシェーカーBOXは優しい白に施されて(\6,300〜)

    ■ 井藤昌志氏のシェーカーBOXは優しい白に施されて(\6,300〜)

  • ■ SHIRO KURAMATAのユニークなハンマーハウスとS&P(ハンマーハウス\15,225)

    ■ SHIRO KURAMATAのユニークなハンマーハウスとS&P(ハンマーハウス\15,225)

  • ■ TASCHEN社のライブラリーコーナーでほっとひといき

    ■ TASCHEN社のライブラリーコーナーでほっとひといき



コメント(0件)

コメントと投稿が完了しました

コメント投稿した口コミを共有しよう

閉じる

これらの口コミは、ユーザーの皆様の主観的なご意見・ご感想であり、スポットやイベントの価値を客観的に評価するものではございませんので、参考の一つとしてご活用ください。また、これら口コミは、ユーザーの皆様が訪問した当時のものです。内容、金額、サービス内容、催事の内容等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページTOPへ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる