東京のおでかけイベント情報満載

コメント

15

神奈川県

横浜港の開港150周年にあたる平成21年6月2日にオープンしたばかりの『象の鼻パーク』に行ってきました。
象の鼻パークは、赤レンガパークと山下公園の中間辺りに位置し、開港150周年記念事業により整備された公園です。随分と変わった名前ですが、大さん橋国際客船ターミナルのつけねから延びている防波堤が象の鼻に似ていることから、この辺りは『象の鼻』地区と呼ばれているのだとか。そもそもこの防波堤は開港の際に、荷物を降ろす際に波の影響を避けるために作られたもので、とても歴史のある防波堤だそうです。時代とともに少しずつ形を変えてきたものの、公園を整備するにあたり明治20年代後半の形状に復元されています。
この防波堤には自由に出入りすることができ、横浜港やみなとみらい21エリアを見渡す新たなビューポイントとなっています。公園内には防波堤の曲線を象徴するかのようにパネルがサークル状に設置されており、夜は美しい夜景を演出しています。

投稿日: 2009/7/12 23:52

投稿画像(7枚)

前へ

次へ

  • 象の鼻パークからの景色。みなとみらい21の夜景がとても綺麗。

    象の鼻パークからの景色。みなとみらい21の夜景がとても綺麗。

  • パネルは時間帯によって色が変わります。

    パネルは時間帯によって色が変わります。

  • 象の鼻パークを貫く山下臨港線跡。上は新港地区と山下公園を結ぶおなじみの遊歩道です。

    象の鼻パークを貫く山下臨港線跡。上は新港地区と山下公園を結ぶおなじみの遊歩道です。

  • 象の鼻から望む横浜税関。

    象の鼻から望む横浜税関。

  • 防波堤には自由に出入りすることができます。釣りを楽しむ人もいました。

    防波堤には自由に出入りすることができます。釣りを楽しむ人もいました。

  • 横浜港の開港150周年記念イベントのマスコット「たねまる」(大さん橋国際客船ターミナルにて)。

    横浜港の開港150周年記念イベントのマスコット「たねまる」(大さん橋国際客船ターミナルにて)。



コメント(15件)

  • naomi-rockcakeさん、コメントありがとうございます。
    仰るとおり、とても幻想的な夜景でした。
    夜はみんなお店に入ってしまうのか、土曜の夜であったにも関わらず意外と空いていて、のんびりできました。
    中華街でお腹いっぱい夕飯を食べて、この辺りを散歩してみるのもいいかもしれません。

  • 幻想的な眺めですね〜。
    こんなところをゆっくり歩きたいなあ。。。
    横浜の夜景、なかなか足を運べないので楽しませていただきました!

  • inbaさん、コメントありがとうございます。
    パネルの色は時間帯によって、電球色→紫色→青色と変わるみたいですよ。
    ほんと横浜には夜景が良く似合います。こちらも新たな夜景スポットになりそうです。
    是非、青色パネルの時間帯(22:00以降)に、ブルーライト横浜を口ずさみながら訪れてみてください。

  • inba

    inbaさん

    開港150周年 行けると思っていたら、なかなかです。
    パネルの色ってどれくらいあるんでしょうか?
    横浜には夜景が良く似合う。ブルーライト横浜・・・

  • roberto-yashioさん、コメントありがとうございます。
    ほんとにドミノみたいですけど、パタパタ倒れませんので悪しからず。。。
    でも、ほんとキレイな公園でしたので機会があれば是非訪れてみてくださいね。

もっと見る(10件)

コメントと投稿が完了しました

コメント投稿した口コミを共有しよう

閉じる

タグ(投稿テーマ)

この投稿にひもづけられた情報

これらの口コミは、ユーザーの皆様の主観的なご意見・ご感想であり、スポットやイベントの価値を客観的に評価するものではございませんので、参考の一つとしてご活用ください。また、これら口コミは、ユーザーの皆様が訪問した当時のものです。内容、金額、サービス内容、催事の内容等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

特派員情報

 

ページTOPへ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる