東京のおでかけイベント情報満載

コメント

8

東京都

ガーデンプレイスの名所の一つだったシャトー・レストラン"元"「タイユバン・ロブション」とウェスティン。残念ながら7月で仏・タイユバンが契約を解消してしまったために閉店してしまいました。残念…

シャトーの行く末が懸念されていましたが、12/11にレインズとフォーシーズによる本格的フレンチ・レストラン「ジョエル・ロブション」としてオープンすることが決定しました。

1Fはカジュアル・レストラン「ラ・ターブル・ドゥ・ジョエル・ロブション」、B1にはブランジュリー&パティスリー「ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション」も併設するので、クリスマス・シーズンは見逃せない!

■ジョエル・ロブション
http://www.reins.co.jp/news/20041112.html

投稿日: 2004/12/2 12:33



コメント(8件)

  • 前店から残留するスタッフもいるし、ロブション自体のクォリティも決して低くはないので名に恥じないものにはなるとは思いますが、以前と同じというわけにはいかないでしょう。がんばってほしいです。

  • 味が良かったし雰囲気も良かった。純粋にファンだっただけに残念なんですよね。同じ箱でも中身は変わってしまうのは間違いないでしょうし。まったく別物としてではあるでしょうが、そちらはそちらでいいものであってほしいです。

  • 名実ともに日本最高峰クラスの高額な店でしたが、かなり固定客がついていて経営的には安定していたのに…。つくづくタイユバンの判断が惜しまれます。
    外食・宅配で経営手腕では定評のある2社が参画しますが、ブライダル、パーティー利用に力を入れ利益率を改善をするとか。クォリティも維持してほしいです。

  • ボーダフォンは利益率を上げようとしてお客さんが大撤退してしまいましたけど、日本人をよく分かってない外資はとことん間違った選択をしているような・・・。日本をよく判っている人が責任者になって欲しいです。

  • 利益率を改善する=クォリティを落す事を本国はブランドイメージの低下に繋がると判断したようです。さすがカルロス・ゴーンやブランドの国、コストやブランド・イメージに厳しいのか…。
    ともあれサッポロの手を離れたことや売り物でもあった「カーヴ・タイユバン」貯蔵ワインが無くなり前途多難ですね。

もっと見る(3件)

コメントと投稿が完了しました

コメント投稿した口コミを共有しよう

閉じる

タグ(投稿テーマ)

この投稿にひもづけられた情報

  • 東京デート特集
  • 【第1回】しあわせになるランチ
  • [シーズン特集]Christmas in Tokyo2004

これらの口コミは、ユーザーの皆様の主観的なご意見・ご感想であり、スポットやイベントの価値を客観的に評価するものではございませんので、参考の一つとしてご活用ください。また、これら口コミは、ユーザーの皆様が訪問した当時のものです。内容、金額、サービス内容、催事の内容等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

特派員情報

ニックネーム未設定

ニックネーム未設定さん

(110代/男性)

ニックネーム未設定さんのイケてる!口コミ

 

ページTOPへ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる