東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録

梟書茶房

フクロウショサボウ

池袋駅
03-5827-5838

2017年6月30日(金)オープン!「本と珈琲 梟書茶房」は、珈琲と本の新しいブランド。「あらたな本との出合い」をテーマに選書された本を扱う、まったく新しいカフェと本屋のかたちです。

コンセプトは「Coffee Meets Books」。店内の約3,000冊の本は“神楽坂・かもめブックス”を作ったエディトリアル・ジェットセット※の柳下恭平氏が「あらたな本との出合い」をテーマに選書されています。132席の店内は「珈琲と食事を楽しむ、読書と珈琲を楽しむ、物思いに耽る、お喋りする」をテーマに、その日の気分で使い分けられるように、4つの空間に分けてデザインされています。

店頭の約3,000冊の書籍のうち、販売する約2,000冊の書籍はすべて袋綴じ。梟書茶房オリジナルブックカバーにより、中身はシークレットになっています。表紙に書かれている紹介文と自分のインスピレーションだけが、ぴったりの一冊と出合う手掛かりです。こだわりの珈琲は、日本スペシャルティコーヒー協会理事、同トレイニング委員長の株式会社ドトールコーヒーの菅野眞博氏がコンセプトに合わせて開発した「梟ブレンド」をサイフォンで抽

コンセプトは「Coffee Meets Books」。店内の約3,000冊の本は“神楽坂・かもめブックス”を作ったエディトリアル・ジェットセット※の柳下恭平氏が「あらたな本との出合い」をテーマに選書されています。132席の店内は「珈琲と食事を楽しむ、読書と珈琲を楽しむ、物思いに耽る、お喋りする」をテーマに、その日の気分で使い分けられるように、4つの空間に分けてデザインされています。

店頭の約3,000冊の書籍のうち、販売する約2,000冊の書籍はすべて袋綴じ。梟書茶房オリジナルブックカバーにより、中身はシークレットになっています。表紙に書かれている紹介文と自分のインスピレーションだけが、ぴったりの一冊と出合う手掛かりです。こだわりの珈琲は、日本スペシャルティコーヒー協会理事、同トレイニング委員長の株式会社ドトールコーヒーの菅野眞博氏がコンセプトに合わせて開発した「梟ブレンド」をサイフォンで抽出。ゆっくりと、琥珀色の液体が漏斗に上がっていく、あの何とも言えない時間。本と珈琲がある空間だからこそ愉しめる「間」を提供します。そして、本と珈琲のセットメニューを毎月数量限定で販売。柳下氏が選定した本と、菅野氏がその本のイメージに合わせて作る「小説のためのブレンドコーヒー」をセットにしたもので、本が好きな方に一押しの限定メニューです。

※エディトリアル・ジェットセットとは:書店をはじめとする店舗の企画・運営を行うプロジェクトチーム

基本情報

スポット名 梟書茶房
住所

〒171-0021   東京都 豊島区 西池袋1-12-1 Esola(エソラ)池袋 4F

point地図を見る

最寄り駅
TEL

03-5827-5838

株式会社メトロプロパティーズ 平日10:00~17:00

定休日 Esola(エソラ)池袋に準じます
営業時間 10:30~22:00(21:30 ラストオーダー)

このスポットの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからスポット・施設を探す

グルメ&レストランのカテゴリから探す

グルメ&レストランのスポット・施設をエリアから探す

その他のスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる