東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントの中止・変更、店舗・施設の休業、営業時間の変更が発生するケースが増えています。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

BIERE CAVE JAN BAR

ジャンバール

日本大通り駅 / 関内駅
045-228-8943

音楽を聴きながら国産の地ビールを楽しめる! 女性オーナーが経営するビアパブ

「ジャンバール」は、横浜公園の向かいにある。女性オーナーが経営する明るい雰囲気のビアパブだ。
ガラス張りで、通りから店内の様子を見ることができるため、女性ひとりでも気軽に入りやすい。

この店では、常に6種類の地ビール(Mサイズ:850円、Lサイズ:1,100円)を提供している。
大手ビールやウイスキー、日本酒なども豊富に揃えているため、地ビール専門店という意識はない。
しかし、「地ビールに興味をもってもらうきっかけになれば」と思い、さまざまな種類を揃えるように心がけているそうだ。
地ビールの種類は日によって異なるが、日本の製造会社のものを仕入れているのが特徴だ。
鳥取県の大山Gビールの「ヴァイツェン」(写真)は、小麦麦芽を使用したビール。口当たりの良いフルーティな風味で、女性に好まれる。
また、岩手県のベアレン醸造所の「シュバルツ」は、苦味が少ないまろやかな味わいの黒ビールだ。

定番メニューは、「パテ・ド

「ジャンバール」は、横浜公園の向かいにある。女性オーナーが経営する明るい雰囲気のビアパブだ。
ガラス張りで、通りから店内の様子を見ることができるため、女性ひとりでも気軽に入りやすい。

この店では、常に6種類の地ビール(Mサイズ:850円、Lサイズ:1,100円)を提供している。
大手ビールやウイスキー、日本酒なども豊富に揃えているため、地ビール専門店という意識はない。
しかし、「地ビールに興味をもってもらうきっかけになれば」と思い、さまざまな種類を揃えるように心がけているそうだ。
地ビールの種類は日によって異なるが、日本の製造会社のものを仕入れているのが特徴だ。
鳥取県の大山Gビールの「ヴァイツェン」(写真)は、小麦麦芽を使用したビール。口当たりの良いフルーティな風味で、女性に好まれる。
また、岩手県のベアレン醸造所の「シュバルツ」は、苦味が少ないまろやかな味わいの黒ビールだ。

定番メニューは、「パテ・ド・カンパーニュ」(680円/写真)や「砂肝のコンフィ」(580円)。
カウンターと客席の距離が近く親密な雰囲気なので、量や味付けの調節などを頼みやすいのも嬉しいところ。
その日のおすすめは店内の黒板で確認しよう。ユニークな創作メニューが登場することもあるとか。

ジャンバールでは、毎月第3水曜日に店内でギターソロによるジャズのライブを開催している。
音楽に耳を傾けながらお酒を楽しもう。静かで落ち着いた大人の夜のひとときを過ごせるはずだ。

基本情報

スポット名 BIERE CAVE JAN BAR
住所

神奈川県 横浜市中区 相生町1-18-1 相生パークビル1F

point地図を見る

最寄り駅

日本大通り駅 / 関内駅

map路線&徒歩ルート検索

TEL

045-228-8943

定休日 無休
営業時間 17:00~24:00 (L.O.23:30)
オフィシャルサイト

関内のビールバー JAN BAR(ジャンバール)

このスポットの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからスポット・施設を探す

グルメ&レストランのカテゴリから探す

グルメ&レストランのスポット・施設をエリアから探す

その他のスポット・施設をエリアから探す

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる