このエントリーをはてなブックマークに追加

  • リボンの十字がけの応用

  • 応用編1 リボンのアレンジをマスター!

「リボンの十字がけ」を応用し、輪の作り方でアレンジをしたもの。

材料
  • ・シースルーの太いリボン

    ・レースのリボン

    ・ピンクの細いリボン


包み方

  • 手順1

    (1) 太いシースルーリボンの上にレースリボンを重ねる。

  • 手順2

    (2) 2本一緒に「リボンの十字結び」の(1)~(8)をする。

  • 手順3

    (3) 2の結び目の上で、シースルーのリボンだけリボン結びにする。

  • 手順4

    (4) 次に3の結び目の上で、レースリボンをリボン結びにする。このときレースリボンでできた結び目の間にピンクの細いリボンを入れる。

  • 手順5

    (5) 4で入れたピンクのリボンの、左手側で輪を二つ作る。

  • 手順6

    (6) 右手のリボンを、左手の輪の遠い方(画像の親指で押さえている方)に通す。

  • 手順7

    (7) 右手のリボンが二つの輪の根元に巻かれた状態になる(画像の左手人差し指のところ)。

  • 手順8

    (8) 6で通したリボンを7の根元に巻き付いた部分に入れるようにしてリボン結びを作る。

  • 手順9

    (9) 普通のリボン結びの輪の間に、もう一つ輪ができた状態になる。

  • 手順10

    (10) 下のレース、シースルーのリボンの輪がそれぞれ重ならないように調整する。

  • 手順11

    (11) 余った足の長さをそろえて完成。

  • 包むファクトリー
  • 包むファクトリー渋谷店 大原店長

    「リボンの十字がけ」を応用し、輪の作り方でアレンジをしたもの。3種類のリボンを重ねるときは、奥のものから結び、輪が互い違いになるようにするときれいです。


かんたん&オシャレラッピングトップに戻る