このエントリーをはてなブックマークに追加

  • リボンの斜めがけ

  • 応用編1 リボンのアレンジをマスター!

とても簡単な斜めがけ。三つの輪ができる、ボリューミーなリボン結びで仕上げます。

材料
  • ・裏地のない太めのリボン


包み方

  • 手順1

    (1) リボン結びにするときの輪・足の長さを決める。

  • 手順2

    (2) 1の長さの残し、リボンを自分から見て箱の右上角から左下へかけていく。

  • 手順3

    (3) リボンを左下から再び右上へ。

  • 手順4

    (4) リボンを箱右上の角で1回結び、1のリボンが右手にくるようにする。角で結ぶことで崩れにくくなる。

  • 手順5

    (5) 左手の長い方のリボンをじゃばらに輪を作る。

  • 手順6

    (6) 右手の短い方のリボンでじゃばらを挟むようにリボン結びをする。

  • 手順7

    (7) 三つの輪のリボン結びができる。

  • 手順8

    (8) 3つの輪のうち右の輪の上、左の輪の下を持ち、結び目を引き締める。

  • 手順9

    (9) リボンの足を手前にふんわりと倒し、ボリュームを出す。

  • 手順10

    (10) 箱の角に来ていたリボンを箱の表面へずらす。

  • 手順11

    (11) 足の長さをそろえて完成。

  • 包むファクトリー
  • 包むファクトリー渋谷店 大原店長

    (4)のように箱の角でリボンを結ぶと崩れにくくなります。今回は三つの輪ができるようにじゃばらを作りましたが、じゃばらを増やせば四~五つくらいまで輪のある結び方ができます。


かんたん&オシャレラッピングトップに戻る