東京穴場スポット探検隊

東京の街は、個性的で知れば知るほど面白い。そんな街の気になる穴場的スポットに突撃して、ユニークな実態を探ります!

Vol.3 浅草・押上編 TOPIC1

浅草から押上へ散歩!
東京スカイツリー(R)満喫スポットを巡る

「LOOK」のベンチから見た眺め。スカイツリーと対峙するような気分を味わえる

「LOOK」のベンチから見た眺め。スカイツリーと対峙するような気分を味わえる

矢印型の「LOOK」

矢印型の「LOOK」

「牛嶋神社」で見つけた“ツインタワー”

「牛嶋神社」で見つけた“ツインタワー”

 5月22日(火)にいよいよグランドオープンする東京スカイツリー。お膝元の押上で新タワーを見上げるのもいいけれど、せっかくだったら少し離れた場所から、全景を拝みつつ訪れてみたい。そこで今回は、浅草からスカイツリーゆかりの注目スポットを巡って、押上まで散策!

スカイツリーの絶景と
アートが共演!?

 浅草駅をスタートし、スカイツリーを視界に収めながら歩いて隅田川方面へ。最初に向かったのは、隅田川沿いに細長く広がる隅田公園。桜をはじめ、四季折々の花々が咲く公園として知られているが、ここもスカイツリーのビューポイントだ。
 中でも注目はアート作品からのスカイツリービュー。園内にはGTS(東京藝術大学、台東区、墨田区)観光アートプロジェクトの一環でアート作品が設置されており、スカイツリーを背景に作品を眺めることができる。その一つ、「LOOK」には矢印型の2階建てベンチがあり、矢印の先は正面に位置するスカイツリーの最上部を指し示している。東京の新名所を眺めながら、しばしアート気分に浸ってみるのもいいかも?
 隅田公園を抜けたら言問橋を渡って対岸へ。すぐ右手にある「牛嶋神社」は、子授け、病気平癒などにご利益があり、中でも自分の身体の悪いところと同じ部分をなでると治ると言われる「撫牛」が有名だ。
 ここでは少し変わったスカイツリーが見られると、人力車の車夫さんから情報を入手。言われた通り、境内の大きな石碑に顔を近づけてスカイツリーを見ると、反射してタワーが2本に見える! ただ眺めるだけでなく、反射した姿を楽しむとは、まさに上級者の鑑賞法と言えるだろう。境内はとても静かなので、落ち着いてスカイツリーを眺めたい人にもおすすめだ。

スカイツリー(R)パフェ「MIYABI」。具材の違う「IKI」もあり

スカイツリー(R)パフェ「MIYABI」。
具材の違う「IKI」もあり

63.4cmのパフェに
驚愕せよ

 そこからは道なりにまっすぐスカイツリー方面へ。足元まで来るとそろそろ歩き疲れたので、ちょっと休憩を。せっかくだから、ここ数年続々と登場しているスカイツリーゆかりのメニューを食べにいこう。
 訪れたのは、北十間川沿いにある「さくらCafe 向島」。ここの名物はずばり「スカイツリー(R)パフェ」。本家の高さ634mにあやかり、なんと63.4cmのパフェを作ってしまったという。注文してわくわくして待っていると、思わず「おー!」と叫んでしまうほどの巨大パフェが登場。最上部の飴細工に始まり、ソフトクリーム、フルーツ、シャーベット、ババロアなどがぎっしり詰まっている。それにしても、これどうやって食べたらいいんでしょう…。
  「いつも2~3名様でご注文頂いています。少しずつ取り分けてお召し上がりください。ただし、中段にあるメロンを先にとってしまうとソフトクリームが倒れてしまうので要注意です」と国松利安店長。アドバイスにしたがって、いざ上部から攻略していく。さまざまなスイーツのオンパレードで、見た目だけでなく、食べても魅力たっぷりのパフェだ。ちなみに一人で食べきってしまう猛者もいるというから、自信のある人はぜひチャレンジしてもらいたい。

店内でオリジナルグッズを紹介するおしなりくん。頭に乗せた帽子がチャーミングだ

店内でオリジナルグッズを紹介するおしなりくん。頭に乗せた帽子がチャーミングだ

キュートな“ゆるキャラ”
「おしなりくん」に会える!?

 そして最後を飾るのは、浅草通り沿いにある「おしなりくんの家」。ここは観光案内所兼お休み処で、「おしなり商店街」のイメージキャラクター「おしなりくん」に出会えるスポットだ。
 今回も店頭でおしなりくんが出迎えてくれた。平安時代の歌人、在原業平をモチーフにしたスマートな烏帽子姿と、愛らしい仕草に思わず顔がほころんでしまう。
 ボランティアとして店の運営に参加している小林みどりさんは「地元密着型のキャラクターで、皆さんに愛されている。おしなりくん効果で、地域がもっと活気づいてくれれば」とその人気に期待を寄せる。
 おしなりくんは土日祝日の午後1時30分に登場。おしなりくんの家から商店街をゆっくりと散歩し、一緒に写真撮影もしてくれる。また、店内には地元の観光パンフレットなどが置いてあり、おしなりくんのオリジナルグッズなどを販売。飲食スペースでドリンクを注文すると、ストラップがもらえるサービスもうれしい。

 下町風情に東京スカイツリー誕生の活気が加わり、ますます目が離せない浅草・押上地区。東京の新しいランドマークとお膝元の魅力は、ぜひその目で確かめるべし。

隅田公園

台東区花川戸1-1、花川戸2-1、浅草7-1、墨田区向島1・2・5丁目

牛嶋神社

墨田区向島1-4-5
03-3622-0973

さくらCafe 向島

墨田区業平1-17-5
03-6658-8435

おしなりくんの家

墨田区業平2-15-6
03-6751-9811

PR