東京まち歩きコンシェル

季節や今話題のテーマに沿ったおでかけ先を、"まち歩きコンシェルジュ"が
さまざまなレベルに合わせて提案します。

「東京トレンドランキング」の最新号はこちら!

Vol.16 「夏休み気分でハマる!? オトナの自由研究」

大人になっても小学生の夏休みのようなのびのびした気分を味わいたい! ということで、今回ご提案するのは自由研究。いくつになっても新しいことを知るのはワクワクするもの。普段当たり前に見ている景色が違って見えてくるかもしれない。さぁ、学びの扉を開いてみよう。

研究度
★★★★★

自然界のリアルを
学びながら体感できる

「大地を駆ける生命」(地球館3F)。動物本来の美しさを引き出す手法による展示は、思わず息をのむ光景だ

大迫力のティラノサウルスの骨格標本(地球館B1F)※9月以降は展示改修のため一時閉鎖

写真右は映画の撮影で使用された実物大の「はやぶさ」のレプリカ(地球館2F)

日本館にはあの忠犬ハチ公の剥製も。意外と大きい!(日本館2F)

 自然科学や宇宙に興味がある人はもちろん、理系はちょっと苦手…という人にもおすすめなのが国立科学博物館。通称“科博”と呼ばれるこの博物館は、自然史や科学技術史研究に関する約420万点以上の所蔵点数を誇る国内最大級の総合科学博物館だ。

 数ある展示の中でも、特に秀逸なのが地球上の生き物の展示。シカやサイ、ラクダなどの大型哺乳類や鳥類の剥製は今にも動き出しそうなリアリティで、その大群は圧倒的な存在感を放つ。ほかに、迫力ある実物大の恐竜骨格標本や、身長1mほどしかない超小型人類「ホビット」(フローレス原人)も必見。インドネシアのフローレス島で発見された化石骨をもとに、科博の研究チームが製作した復元模型は世界的にも希少なもの。恐竜や人類の進化を前に古代のロマンにどっぷり浸れば、胸の奥に子供のころのような探究心がムクムクと沸き起こってくるはずだ。

「見て楽しむだけでなく、各展示に詳細な解説が付いているので、ぜひ“学習”しながら見てほしいです。知れば知るほど深い意味があるんですよ」と広報の吉野千津さん。毎週土日と祝日には、第一線で活躍する研究者と直接話をすることができる「ディスカバリートーク」も行われている。哺乳類の進化や鉱物の話などテーマはさまざまだが、どれも先着15名の貴重な機会。今年の夏休み、新たな知識の扉を開きに、科博に足を運んでみては?

上野駅

国立科学博物館
台東区上野公園7-20
03-5777-8600

研究度
★★★★

世界最先端の
アンドロイドにご対面

女性の見た目をした遠隔操作型アンドロイド。このロボットと対話すること、操作することの二つが体験できる

注目度の高いHONDAのパーソナルモビリティ「UNI-CUBβ」

世界初のアンドロイド・アナウンサーの「コドモロイド」

 どこまでがロボットで、どこからが人間か…? 人型ロボットのアンドロイドを通じて人間の本質を研究する展示が、日本科学未来館に6月末よりオープン。来場者がアンドロイドとの対話や操作を楽しめるのが特徴だ。

 大人の女性そっくりに作られた「オトナロイド(R)」は、微笑みを浮かべて首を傾けるしぐさが実にリアルな遠隔操作型アンドロイド。見学者は遠隔操作を体験し、向かい側に座る人とロボットを通して対話することで、あたかも一緒にいるような感覚を味わえる。このアンドロイドは、ロボットを使ったコミュニケーションの仲介が研究の目的で、「人は何によって相手の存在を感じるのか。声なのか、表情なのか。そんな疑問を追求した研究から生まれました」と、科学コミュニケーターの本田隆行さん。ほかにも、ニュースを読む「コドモロイド(R)」やASIMOなど、日本の最先端のロボット技術がズラリ。ロボットが一家に一体、なんて日もそう遠くないかも!?

船の科学館駅

日本科学未来館
江東区青海2-3-6
03-3570-9151

研究度
★★★

日本経済の中枢
東証アローズへ潜入

2Fのマーケットエクスペリエンスでは、所要時間30分(無料)で、株式投資の体験ができる

以前は活発に株の売買が行われた場所が、今はマーケットセンターに

日本の証券・資本市場のシンボルとして知られる東京証券取引所

 資本主義の象徴的存在として有名な東京証券取引所。かつて多くの証券マンが活躍した株券売買立会場は、1999年に全取引の電子化により閉場され、今は見学施設の「東証アローズ」に生まれ変わっている。

 株というとギャンブルのようなイメージを抱く人もいるかもしれないが、「その昔、大きい資金を調達するには銀行に借りるしかなかったのですが、複数人がお金を出し合うことで資金調達を容易にした株の仕組みは、当時とても画期的な手法でした」と広報IRの藤原俊也さんは話す。

 そんな株の仕組みを勉強するなら、2階の体験コーナーでPCを使った株式投資体験に挑戦してみよう。為替や海外株式市場などの仮想ニュースをもとに架空銘柄の株を実際に売買し、ゲーム感覚で学ぶことができる。1階には証券市場の歴史を紹介した展示コーナーも。大人として恥ずかしくないよう、“株の聖地”でお金の流れをあらためて学んでみてはいかが。

茅場町駅

東証アローズ
中央区日本橋兜町2-1
050-3377-7254

PR