EVENT ECO EDO 日本橋 2018 ~五感で楽しむ、江戸の涼~浴衣で大人の夏デート モダンと歴史が共存する粋な街、日本橋の大人な夏デート

落ち着いた大人カップルのお出かけは、日本橋で決まり! 日本橋室町と日本橋本町を合わせた通称「ムロホン」エリアでは大人気の夏イベントを開催。モダンと歴史が息づく居心地の良い空間で、洗練された大人の夏デートを楽しみましょう。

[PR:日本橋街づくり推進部]

老舗メーカーが仕掛けるコーヒーとアクセサリーのショップ

むろまち小路にある黒を基調にしたおしゃれなビルは、1921年創業の耐熱ガラスメーカーHARIOが手掛ける新業態ショップ「HARIO Cafe & Lampwork Factory」。センスのいいオリジナルのガラスアクセサリーのショップと、HARIO製品で淹れたおいしいコーヒーが飲めるカフェがドッキングした、HARIOらしいこだわりがつまったお店。アクセサリーが見たい彼女も、コーヒー好きな彼も楽しめます。

HARIO CAFE

数々のコーヒー器具を開発してきたHARIO が提案するカフェのコンセプトは、「美味しい一杯のコーヒーのために」。コーヒーの提供だけでなく、毎日の生活の中でコーヒーを楽しむためのセミナーなども開催しています。

  • 夏はダークブレンドのビター感と炭酸の爽快感が心地よい「コーヒーソーダ」と、グレープフルーツとハーブの香りが爽やかな「華やかなカクテルスパークリング」が登場!

    所在地:東京都中央区日本橋室町1-12-15 2-3F

HARIO Lampwork Factory

職人の手仕事技術の継承のために誕生したお店には、職人が一つ一つ手づくりした美しいガラスのアクセサリーが並びます。光を受けてキラキラと涼しげに輝くので、これからの季節、浴衣などに合わせるのもおすすめ。

  • 繊細さが魅力のガラスのアクセサリーは、万が一割れてしまっても、修理してもらえるので安心。

    所在地:東京都中央区日本橋室町1-12-15 1F

詳細はこちら

大人のデートディナーにふさわしいムロホンの和食店

デートディナーに最適な和食のお店も続々と誕生しています。モダンと新しさを融合して誕生した「ムロホンビル1」には、おいしいクラフトビールと洗練された和食とのマッチングで人気の「麦酒庵」が手掛ける、「割烹 ふた麦 麦酒庵 分店」と「麦酒庵 日本橋本町店」がオープン。大人の隠れ家といった風情で路地に佇む「ムロホンビル2」には「室町 美はま」が登場。若狭湾の海の幸が味わえます。

「割烹 ふた麦 麦酒庵 分店」

「麦酒庵」が満を持してオープンさせた割烹店

池田料理長が旬の食材を用いて腕によりをかけたこだわりのコース料理が味わえるのが魅力。お料理一品一品に最適な日本酒やクラフトビールを提案してくれる「ペアリングコース」もあり、食事の楽しみ方が広がりそう。

  • 席はカウンター8 席と、完全個室の4 名掛けテーブル席1 つ。店のスタッフを交えてお酒談義で盛り上がるのも、大人デートならではの楽しいひととき。

    所在地:東京都中央区日本橋本町1-4-3 ムロホンビル1 1F

詳細はこちら

「麦酒庵 日本橋本町店」

全国の旨い生ガキとお酒のマリアージュ

お酒も料理も両方しっかり味わえるのが麦酒庵の持ち味。日本酒は常時80 種類以上、クラフトビールは国産をメインに11 種類をラインナップ。看板メニューの生ガキは、全国からその日一番おいしいものを仕入れています。

  • 生牡蛎3種食べ比べセット1500 円~は予約しておくと安心。さっぱりしたものやクリーミーなもの、産地によって異なる生カキの味わいを食べ比べてみて。

    所在地:東京都 中央区日本橋本町1-4-3 ムロホンビル1 2F

詳細はこちら

「室町 美はま」

若狭湾の魚の旨味を、ぎゅっと凝縮

若狭湾に面した福井県美浜町で水揚げされた海産物を中心に、全国から厳選した旬の食材を使った料理が味わえる和食店。鯖を加工した「へしこ」など、美浜町に息づく魚を寝かせて食べる「熟成魚」をお試しあれ。

  • 一口ずつ15 品前後味わえるコース料理が中心。福井の地酒や和食に合うヴァンナチュール(自然派ワイン)とともにどうぞ。土曜日はおトクなランチコースもあり。

    所在地:東京都中央区日本橋室町1-12-13 ムロホンビル2

詳細はこちら

この夏おすすめの日本橋デートスポット

日本橋は水の都。かつて魚河岸があった江戸の頃には「東洋のベニス」と呼ばれたこともあったそう。現在も高速道路の下には、豊かな水の流れが健在。夏の納涼イベントと川遊びを組み合わせて、充実した夏の1日を過ごしましょう。

日本橋水上クルーズ

日本橋の夏のデートのイチオシはこれ。日本橋のたもとの船着場からは、日本橋川や神田川、隅田川、東京湾などを巡る数々のクルーズ船が発着しています。水辺の爽やかな風に吹かれて、夏の暑さも忘れられそう。

ECO EDO 日本橋 2018 ~五感で楽しむ、江戸の涼~

夏の日本橋は、毎日がお祭りモード

日本橋の夏の風物詩「ECO EDO 日本橋 2018 」は、今年も7 月 6 日(金)から 9 月 24 日(月・祝)まで開催。数千匹の金魚が舞泳ぐ「アートアクアリウム2018」や、福徳神社の参道「仲通り」で行われるデジタル花火「ミナモハナビ」など、日本橋の至る所で涼やかなイベントが楽しめます。

  • 店先にオリジナルの風鈴を掲げた店舗では、浴衣着用か「アートアクアリウム 2018」のチケットを提示することで、街歩きに嬉しい限定サービスが受けられます。

詳細はこちら