東京・丸の内のイルミネーション&キエフ・バレエ『くるみ割り人形』 東京・丸の内でロマンチックな世界に酔いしれる、オトナのクリスマス

バレエの不朽の名作「くるみ割り人形」が今年もやってくる! クリスマスにぴったりなストーリーとダンサーたちの優雅な踊りを聖夜に観に行こう。芸術の古都キエフの大劇場が贈る特別な夜は、華やかで心温まる思い出になるはず。この時期必聴のメサイア、第九&アヴェ・マリアを一度に聴くことができるビッグコンサートも見逃せない! 鑑賞後はきらびやかなイルミネーションとディナーで、とびきりロマンチックなひとときを♪

キエフ・バレエ「くるみ割り人形」 [提供:光藍社 KORANSHA]

古都キエフに君臨する大劇場が、珠玉の名作バレエを披露

150年の歴史と伝統が息づく名門キエフ・バレエ。今回の来日公演では、クリスマスにふさわしい不朽の名作「くるみ割り人形」を12月23日(日・祝)に披露。会場となる東京国際フォーラムは、イルミネーションがきらめく夜景も楽しめる華やかなスポットです。主人公クララが体験するクリスマス・イブのある出来事を、人気ダンサーたちが美しく、優雅に舞う演目は必見。オーケストラの生演奏とともに、クリスマスシーズンにぴったりなバレエの名作を楽しもう!

名門バレエ団が贈る「くるみ割り人形」

名門バレエ団が贈る「くるみ割り人形」

T・E・ホフマンの童話「くるみ割り人形とねずみの王様」に基づき、チャイコフスキーが作曲して完成したバレエが「くるみ割り人形」です。物語の舞台はクリスマス・イブの夜。王子(くるみ割り人形)とともに、クララはおとぎの国へと旅立ちます。ソリストとコールド・バレエのダイナミックかつ美しい踊りは目を奪われるほどの美しさ!

臨場感あふれるオーケストラの生演奏

臨場感あふれるオーケストラの生演奏

チャイコフスキーによるかわいらしさと、斬新な試みが融合した豊かなバレエ音楽を演奏するのは名門ウクライナ国立歌劇場管弦楽団。生演奏ならではの臨場感あふれる舞台は必見です。バレエとコンサートを一度に体感できる贅沢さも魅力のひとつ。誰もが一度は耳にしたことがある「くるみ割り人形」の調べに身を委ねて。

詳細はこちら

少女から大人へ成長する珠玉のストーリー 名門バレエ団が贈る聖なる夜のファンタジー

クリスマス・イブにくるみ割り人形をプレゼントされたクララは、ねずみ軍との戦いに協力して、王子とともににおとぎの国へと導かれます。おとぎの国では雪の妖精たちが2人を歓迎し、スペイン、アラビア、ロシアなどの人形たちが踊りを披露。王子との楽しい時間はあっという間に過ぎ、夢から覚めたクララはそっとくるみ割り人形を抱きしめて少女から大人へと成長してゆくのでした……。

バレエ初心者でもわかりやすい!「くるみ割り人形」の見どころをご紹介

第1幕 仕掛け人形のコミカルな踊りと王子との出会い

第1幕 仕掛け人形のコミカルな踊りと王子との出会い

クリスマス・イブにドロッセルマイヤーは持参した仕掛け人形を披露。くるみ割り人形を贈られたクララは、その夜、一緒にベッドに入ります。すると、どこからともなくねずみ軍が現れ、くるみ割り人形とおもちゃの兵隊たちに襲いかかります。くるみ割り人形を助けたクララは王子の姿になったくるみ割り人形とともに、おとぎの国へ。

  • 物語の鍵を握るのは、ドロッセルマイヤーがクララに贈ったくるみ割り人形

    物語の鍵を握るのは、ドロッセルマイヤーがクララに贈ったくるみ割り人形

  • 王子は雪の精が美しく舞う雪の国へとクララを連れて行きます

    王子は雪の精が美しく舞う雪の国へとクララを連れて行きます

第2幕 華やかに踊る王子とクララ

第2幕 華やかに踊る王子とクララ

夜空に舞う真っ白な雪の妖精たちに見送られる王子とクララ。ねずみ軍との戦いで勝利した2人を歓迎するお祝いの宴では、各国の人形たちが華やかに踊り、物語は最高潮に。夢のような時間は、瞬く間に過ぎてゆくのでした。気がつくと、クララは家の広間に戻り、そばにはくるみ割り人形が。。。

  • 世界各国の人形たちがダンスで2人を歓迎

    世界各国の人形たちがダンスで2人を歓迎

  • 名曲「花のワルツ」に合わせた美しいワルツで物語は終盤に

    名曲「花のワルツ」に合わせた美しいワルツで物語は終盤に

詳細はこちら

舞台の余韻に浸りながら、ロマンチックなひとときを

優雅なバレエの世界を堪能した後は、きらびやかなイルミネーションとスペシャルディナーでロマンチックな時間を過ごして。丸の内エリアの冬の⾵物詩「丸の内イルミネーション2018」が今年も開催。丸の内オリジナルカラー「シャンパンゴールド」が華やかに光り輝きます。 また、丸の内エリアには特別な夜にふさわしいレストランがズラリ。大切な人とともに、スペシャルディナーに舌鼓を。

東京・丸の内イルミネーション2018

東京・丸の内イルミネーション2018

冬の風物詩「丸の内イルミネーション2018」。17年⽬を迎える今年は、約1.2kmにおよぶ丸の内仲通りの200本を越える街路樹が上品に輝く丸の内オリジナルカラー「シャンパンゴールド」のLED約100万球で彩られます。華やかでぬくもりのある光の演出は、冬の寒さをも吹き⾶ばしてくれそう。

詳細はこちら

DRAWING HOUSE OF HIBIYA

DRAWING HOUSE OF HIBIYA

バレエの余韻に浸りながら、ちょっとオトナな雰囲気のレストランで優雅なひと時を過ごしてみては。東京ミッドタウン日比谷の6Fから、皇居外苑や日比谷公園を眺めながらスペシャルディナーはいかが?全国から厳選された本当に美味しい食材で作られるスペシャリテを景色とともに味わって。

詳細はこちら

心踊る至福のハーモニー! 伝統のレパートリーを楽しむスペシャル音楽祭

クリスマスシーズンに入り、年末が近づくと聴きたくなるのがヘンデルの「メサイア」、「アヴェ・マリア」、そしてベートーヴェンの「第九」。この伝統のレパートリーを一度に聴くことができるのが、「クリスマス・スペシャル・クラシックス」です。歌劇場ならではの壮大なスケールで奏でられる名曲の数々は、クラシック初心者でもどこかで耳にしたことがあるはず。心躍る至福のハーモニーと壮大な「歓喜の歌」で締めくくられる、圧巻のフィナーレで感動のクリスマスを!

クリスマス・スペシャル・クラシックス

ウクライナ国立歌劇場管弦楽団による大編成のオーケストラと、大合唱団、4人の名歌手たちが織りなすビッグコンサート「クリスマス・スペシャル・クラシックス」。歌劇場ならではの壮大なスケールで奏でる名曲の数々は、ドラマチックかつ、繊細な音色で聴くハイレベルな冬のベスト盤。この時期にぴったりなスペシャルプラグラムを贅沢に楽しんで!

詳細はこちら

content_2_img_03

クリスマス/アヴェ・マリア

聖母マリアの優しさを感じられる至福の「アヴェ・マリア」を、最高の演奏で聴かせてくれるのは、世界各地で活躍する優秀なアーティストを集めたロシアのサンクトペテルブルグ室内合奏団。ハーモニーソプラノによって歌われるJ.S.バッハ、シューベルト、カッチーニによる「アヴェ・マリア」を、弦楽器と豊かに響き渡る歌声で堪能して。

詳細はこちら

東京国際フォーラム ホールA(有楽町)

東京の街の中心にあり、文化と情報を国際規模で交流できる巨大空間「東京国際フォーラム」。音楽、演劇、美術、企業イベント、国際会議などに幅広く活用され、世界的なコン苑ション&アートセンターとして国内外で広く注目を集めています。