まだ間に合う!この冬行きたいおすすめイルミネーション

PR:一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー

この時季、おでかけ先の定番と言えばイルミネーションスポット。
澄みきった空気にきらめく無数の光、美しい眺めは冬の醍醐味です。
そこで、夜景を知り尽くした夜景フォトグラファー丸田あつし氏イチオシのイルミスポットをご紹介!
温かなアウターに身を包み、ロマンティックな光の世界へでかけよう!

  • TOKYO MEGA ILLUMINATION 東京光の大祭典 大井競馬場
  • 光の花の庭 フラワーファンタジー2018 あしかがフラワーパーク
  • 湘南の宝石 江の島を彩る光と色の祭典 江の島エリア
  • さがみ湖イルミリオン さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト
  • WHITE LANTASIA 雪と氷の世界 西武園ゆうえんち
  • 光の王国 長崎ハウステンボス

関東最大級 東京の過去、現在、そして未来を光で演出する新イルミスポット

大井競馬場を舞台とした「TOKYO MEGA ILLUMINATION」。約800万球のLED電球と最新技術が織りなす光の世界に圧倒されるはず。
1月12日(土)には2つのエリアがバージョンアップしたばかり。一度訪れた人も新鮮な感動が味わえます♪

メガツリー

メガイルミ

大井競馬場

園内随一のフォトスポット「MEGA TREE GARDEN」がリニューアル!鮮やかなライトを受けた光の大木(メガツリー)を囲むのは2万本を超える光のバラ。さらに、壁面では3Dプロジェクションマッピングが。世界最高レベルの演出技術を駆使した光の絶景を堪能しよう。

  • 夜景フォトグラファーおすすめ
  • 「THE GENFUKEI」エリアはとにかくフォトジェニック。
    ベストポイントは馬小屋を正面に見た右手側。湾曲する稲穂のラインが美しく、このエリアの全ての演出が1枚の写真に収められる。運良く月が昇っていれば、まさに“泣けるイルミ”写真!
  • THE GENFUKEI
詳細はこちら

日本三大イルミネーション 450万球の光と花の競演に酔いしれて

毎年多くの人を魅了しているあしかがフラワーパークの「光の花の庭」。花をテーマにしたイルミネーションのほか、季節の花々と光のコラボレーションが楽しめるのも、ここならでは。開催時期によってテーマを変えるなど、何度訪れても新しい感動体験が味わえるのもGOOD!

あしかがフラワーパーク

光の花の庭

あしかがフラワーパーク

光の花畑で輝きを放つフラワーキャッスルは、おとぎ話のような世界観にうっとりしてしまいそう。他にも、一輪一輪精巧に作られたバラの花々や藤色の光が美しい「奇蹟の大藤」など、見どころ満載!

  • 夜景フォトグラファーおすすめ
  • 数ある演出の中でも代表的なのが“水鏡効果”を使ったもの。
    「光の睡蓮」の水面に今年登場した「レインボーマジック」を映せば、リフレクション写真の完成。
    艶やかな反射がお互いを引き立たせる魔法の撮影ポイント!
  • レインボーマジック
詳細はこちら

関東三大イルミネーション 冬の湘南に笑顔と感動を呼ぶ、きらめきの演出

夏のイメージが強い江の島エリアで毎年冬に行われている「湘南の宝石~江の島を彩る光と色の祭典~」。このイベントの特徴は、湘南の魅力を最大限引き出した光の演出。夕暮れ時の空や海の色に映えるイルミネーションの光は、何度訪れても心ときめく眺めです。

江の島サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドルイメージ写真

湘南の宝石

江の島サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドル

イベント開催の最終週、会場内を飾るのはミラーボールアート。
幻想的な光の空間は、イベントのラストを飾るのにぴったり。
メイン会場以外のスポットでもライトアップが楽しめる♪

  • 夜景フォトグラファーおすすめ
  • 「江の島 湘南の宝石」といえばココ!というくらい鉄板な撮影スポット。 まさに宝石のようにキラキラと輝くイルミとシーキャンドルが最高のバランスで写せる。スペースが限られているので、順番待ち必至!
  • 江の島シーキャンドル
詳細はこちら

関東三大イルミネーション 見て、遊んで、楽しめる!関東最大規模を誇るイルミネーション

イルミネーションの輝きの中で思いきり遊びたいアクティブ派におすすめのさがみ湖プレジャーフォレスト。関東最大規模、約600万球の光の空間で、観覧車やコースター、メリーゴーランドなどのアトラクションを存分に楽しもう!趣向を凝らしたフォトスポットも人気。

さがみ湖

さがみ湖イルミリオン

さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト

レインボーカラーの光の上をリフトでGO!
まるで虹の橋を空中散歩しているような気持ちになれる体験型イルミ。イルミの輝きとナイトアトラクションを一緒に楽しめるのは遊園地ならでは。

  • 夜景フォトグラファーおすすめ
  • とにかくロマンティックな写真が撮りたいなら「光の宝石箱」へ。 中央で輝く巨大ダイヤに近づくのをグッとこらえ、人物を入れながら出来るだけ広い構図で写してみよう。まるで小人になって、光の宝石箱の中に入ったような一枚に!
  • 光の宝石箱
詳細はこちら

リニューアル 今季大幅リニューアル!ランタンが主役の新感覚イルミネーション

「雪と氷の世界」をテーマに、ランタンオブジェで新たな光の空間を創り出している西武園ゆうえんちのナイトイベント「ホワイトランタジア」。約200個に及ぶランタンが冬の動物たちや城、樹氷などを見事に表現。リアルな造形と淡く繊細なランタンの光に、しばし酔いしれて。

西武園ゆうえんちイメージ写真

ホワイトランタジア

西武園ゆうえんち

極地の海を描いている「ポーラー・オーシャン」。ランタンのホッキョクグマやペンギンなどの動物たちは今にも動き出しそうなほどリアル。ブルーを基調にした色彩の美しさも素敵。

  • 夜景フォトグラファーおすすめ
  • アンデルセン童話「雪の女王」の世界観が表現されたランタンと鮮やかに輝くイルミネーションとを俯瞰して撮影できるポイント。どこを切り取っても光にあふれているので、色々試して自分だけの一枚をゲットしよう。
  • 雪の女王
詳細はこちら

世界最大級 世界最大のイルミネーション!1300万球のライトが描く光の王国

世界最大規模のイルミネーションで毎年話題となる長崎ハウステンボス。約1300万球の輝きが描き出す光の王国は圧巻の一言!
また、日本最大の噴水が織りなす光と音楽のショーなど、驚きと感動のエンターテインメントが盛りだくさん。華やかな光の王国を、冬の旅行先に選んでみては?

ハウステンボス

光の王国

長崎ハウステンボス

この冬、新たに登場した日本最大の噴水ショー「ウォーターマジック」。色とりどりの光を受けた全長85メートルの噴水が、音楽に合わせて躍動。見る人に興奮と感動を約束する、迫力満点のショーは必見です!

  • 夜景フォトグラファーおすすめ
  • せっかくハウステンボスに来たのなら、「ここでしか撮れない1枚を!」と言うことで、水中照明が輝く運河沿いがおすすめだ。 ドムトールンとヨーロッパの街並みを背景に、煌びやかなパレードを狙うべし。
  • ウォーターマジック
詳細はこちら

夜景フォトグラファー プロフィール

  • 丸田あつし写真
  • 夜景フォトグラファー: 丸田 あつし

    1968年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業、同大学院中退。
    夜景専門のフォトグラファーとして “世界の夜”の撮影をライフワークに活動中。写真集や企業カレンダーの撮影をはじめ、現在までの夜景関連著作物は40点以上。

    写真集に「亜細亜ノ夜景」「最新版 日本夜景遺産」(河出書房新社)、「世界ノ夜景」(ダイヤモンド社)、「世界夜景」(中国語・繁体字版/大売文化有限公司)「夜光列車」(光村推古書院)、「夜城」(世界文化社)、「日本の夜景」「東海道夜景五十三次」(エンターブレイン)、「LIFESCAPE~息づく夜景」(角川書店)ほか多数。

    写真展に、「写真で彩る“夜のきらめき”」(東京ミッドタウン・FUJI FILMSQUARE PHOTO IS)、「香港夜景写真展 COLOR OF WONDER」(六本木ヒルズ・ ヒルズカフェ)、「世界夜景写真展」(大阪府咲洲庁舎展望台52階アルタヴィスタ)ほか。

    公益社団法人日本写真家協会会員