イベントの順延や中止についてのご注意
店舗・施設の休業や営業時間の変更、イベントの順延や中止が発生する場合があります。また、昨年の情報で掲載しているイベントも混在しております。
おでかけの際は、公式サイト等にて最新情報をご確認ください。

この特集は終了しました

ご利益別おすすめの初詣スポット

東京都内をはじめ、神奈川、千葉、埼玉でおすすめの初詣スポットをご紹介。開運招福、厄除け、縁結び・恋愛運、金運上昇(商売繁盛)、仕事運、などご利益別で探せます。新しい年が良い一年になるようお参りしましょう。 新年のイベント情報も満載!

高麗神社

▲正月祈願の様子
▲正月祈願の様子
▲正月境内の様子
▲正月境内の様子
▲初詣の様子
▲初詣の様子

参拝した政治家の中から6人もの内閣総理大臣が誕生し、出世開運の神様ともいわれている。

七世紀半ば、はるか遠く朝鮮半島に栄えた高句麗は、大国唐と新羅の脅威により危機を迎えていた。666年国家の命運を託された王族の若光を含む高句麗使節団が大和へ遣わされたが、668年に高句麗は滅亡してしまい、そのまま若光は、大和朝廷の官人として仕えることとなった。 渡来から半世紀を経た霊亀二年(716年)、大和朝廷の命により東国七国に住む高句麗人1799名が武蔵国に移住し、新たに高麗郡(こまぐん)が創設された。 この時、若光は初代郡長として草深い武蔵野の一画に赴任し、郡内の高麗人をよく指揮し未開の地を開発した。そして、この地で波乱の生涯を終えることとなった。郡民はその徳を偲び、高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)の御霊を祀り、高麗郡の守護神とした。高麗神社は代々御祭神の子孫が神社を護り、現在高麗家60代目の当主が宮司を務めている。 <初詣> 【例年の参拝者数】 30万人 【例年の混雑時間】 1月1日 0:00~4:00/8:00~18:00 1月2日、3日 8:00~17:00 【参拝時間(年末年始期間)】 24時間 ・授与所受付時間 12/31 8:30~14:00/23:00~翌23:00、1/2~/3 6:00~22:00 ・御朱印受付時間 1/1 0:00~19:00、1/2 7:00~18:00、1/3 8:00~18:00 【屋台・露店】 あり(約20店舗) 【初詣の特徴】 24時間参拝可能、授与所あり、おみくじあり、御朱印あり <ご利益> 出世開運、家内安全、商売繁盛、健康祈願、厄除け、方位除け、交通安全、就職祈願、安全祈願、隆昌祈願、目標達成祈願

最寄駅
高麗川駅
所在地
埼玉県日高市大字新堀833
営業時間
参拝時間 24時間
最寄駅
高麗川駅
所在地
埼玉県日高市大字新堀833
営業時間
参拝時間 24時間

上野東照宮

重要文化財の金色殿、出世・合格祈願の栄誉権現が人気です。

健康長寿、出世、合格、勝利、幸福開運祈願で有名です。 徳川家康の遺言により1627年に天海僧正、藤堂高虎が建立。1651年には徳川家光が現在の建物に作り替えられました。ご祭神は徳川家康公、徳川吉宗公、徳川慶喜公。社殿は金色で絢爛豪華。社殿、透塀、唐門、鳥居、銅灯籠などは戦争や大震災にも倒壊せず江戸建築様式を今に伝える貴重な国指定重要文化財です。 唐門の柱に彫られた昇り龍・降り龍は日光東照宮の「眠り猫」も彫った左甚五郎の作。夜になると柱から抜け出て不忍池の水を飲みに行くという伝説があります。200基ほどある石灯籠も圧巻です。 栄誉権現という狸の神様も祀っています。狸(他抜き)の縁起から、出世・合格・勝利祈願にたくさんの人が訪れ、狸の絵馬や御守もあり人気です。 元旦から2月下旬までは冬のぼたん祭を開催。古来より新年を祝う花として貴ばれていた冬ぼたんの花は藁囲いの中で可憐に咲きます。園内にはお茶屋もあり、五重塔を背景に美しく咲くぼたんを見ながらお団子やお茶を楽しめます。期間限定のぼたんの御朱印や「幸せぼたん守」も人気です。 <初詣> 【例年の参拝者数】 約20,000人 【例年の混雑時間】 14:00~16:00 【参拝時間(年末年始期間)】 9:00~16:30 【初詣の特徴】 授与所あり、おみくじあり、御朱印あり <ご利益> 出世成功・昇格昇進、合格祈願・学業成就、健康祈願・病気平癒、商売繁盛・千客万来、金運上昇・財運上昇、家内安全・交通安全、恋愛成就・縁結び、安産祈願・子宝・子授け、厄除け・厄払い、開運招福・諸願成就

最寄駅
根津駅 / 京成上野駅 / 上野駅
所在地
東京都台東区上野公園9-88
営業時間
参拝時間 9:00~16:30
授与所受付時間 9:30~16:00
御朱印受付時間 9:30~16:00
最寄駅
根津駅 / 京成上野駅 / 上野駅
所在地
東京都台東区上野公園9-88
営業時間
参拝時間 9:00~16:30
授与所受付時間 9:30~16:00
御朱印受付時間 9:30~16:00

福徳神社

古くから商業の街・日本橋を見守ってきた福徳神社(芽吹稲荷)で商売繁盛、宝くじ当選など金運上昇のご祈願を。

福徳神社は平安時代より長きにわたり日本橋の変遷を見守り続けてきました。当初は武蔵国福徳村の稲荷神社として崇められ、その後、江戸城に近いこともあり、大田道灌公や徳川家康公らの武将からも厚く崇敬されたと伝えられています。また、二代将軍の秀忠公は、慶長十九年(1614)正月八日に参詣した折「福徳とはまことにめでたい神号である」と称賛。この時、当時の古例である椚の皮付き鳥居から春の新芽が萌え出ていたのをご覧になり、『芽吹稲荷』の別号をお授けになられました。さらに、商売繁盛にご利益のある「お稲荷さん」として商業の街・日本橋で広く崇敬を集めていたのに加え、現在の宝くじに当たる「富籤」の興行を江戸幕府より許されていた数少ない寺社でもあったため、宝くじ当選などの金運上昇を祈願される方が多くいらっしゃいます。一方で「芽吹稲荷」の別号から新生活をスタート、新規事業開拓など、新たなチャレンジの「芽が出る」ようにご参拝される方も少なくありません。 近隣には江戸時代から続く老舗や、コレド室町などの新しい商業施設も軒を連ねています。神社にご参拝の折には、古くて新しい日本橋を散策してみてはいかがでしょうか。 <初詣> 【例年の混雑時間】 1月2日~3日 11:00~14:00 【授与所受付時間(年末年始期間)】 1月1日のみ 0:00~17:00(御朱印は~15:00) 1月2日~1月11日 10:00~17:00、12日~ 10:00~16:00(御朱印は10:00~15:00) 【初詣の特徴】 24時間参拝可能、授与所あり、おみくじあり、御朱印あり <ご利益> 開運招福、宝くじ当選、鑑賞券当選、金運上昇・財運上昇、商売繁盛・千客万来、出世成功・昇格昇進、開運招福・諸願成就 <年末年始の新型コロナウイルス対策、施設からのお願い> 感染拡大防止策として、引き続き御朱印は書置きの授与にて対応しています。 職員はマスク着用し応対しております。 手水舎の柄杓は撤去しています。

最寄駅
三越前駅
所在地
東京都中央区日本橋室町2-4-14
営業時間
参拝時間 終日参拝可能
※社殿が開いているのは8:00~17:00
授与所受付時間 1月1日 0:00~ / 1月2日以降(通常)9:00~17:00
御朱印受付時間 1月1日 0:00~15:00(書き置きのみ) /1月2日以降(通常)10:00~15:00
最寄駅
三越前駅
所在地
東京都中央区日本橋室町2-4-14
営業時間
参拝時間 終日参拝可能
※社殿が開いているのは8:00~17:00
授与所受付時間 1月1日 0:00~ / 1月2日以降(通常)9:00~17:00
御朱印受付時間 1月1日 0:00~15:00(書き置きのみ) /1月2日以降(通常)10:00~15:00

出雲大社東京分祠

▲出雲大社東京分祠 祓社
▲出雲大社東京分祠 祓社
▲出雲大社東京分祠 御神殿前
▲出雲大社東京分祠 御神殿前

密を避けて安心の御参拝を。東京のいづもさんで新年の和楽豊栄を祈りましょう。

出雲大社の縁結は、単に男女の縁に留まらず、生命のつながりを通して自身の成長発展、安寧和楽に寄与する縁を言います。 人が人として、社会が社会として健全にあるようにとの大國さまの御慈愛の心に結ばれて、新年も皆様が和楽豊栄でありますよう祈念しています。 【歴史について】  出雲大社東京分祠は、出雲大社八十代宮司で出雲大社教の初代管長である千家尊福公が、東京及び東日本の御神徳宣布のため、明治11年1月11日、千代田区神田にある神田神社社務所内に、東京出張所を設けたのに始まります。  やがて、明治政府の宗教政策により神職による布教が禁じられたことで、明治15年5月尊福公は出雲大社教の特立をはかることになりますが、それに先立って東京出張所は明治15年4月4日麹町区上二番町に移転されました。明治16年5月4日には東京出張所に神殿を設立し、尊福公が親しく出雲より御分霊を奉じて鎮祭し、ここに出雲大社東京分祠が建立されたのです。  同年5月12日には有栖川宮幟仁親王の御臨席を仰いで落成式を行い、神殿には同宮の筆になる「経国治幽」の額が掲げられました。この時、明治天皇から大和錦二巻を御下賜せられたこと、及び尊福公自ら建立したことは分祠の歴史の深さを示すものに外なりません。明治22年、千家尊弘出張所長の時、麻布区材木町(港区六本木七丁目)に神殿は移転されました。  明治31年にはいち早く神前結婚式を執り行い、東京における神前結婚式の端緒を開きました。  昭和20年5月25日、尊宣所長の時に、不幸にも戦災に遭い、御分霊は御動座申し上げることができましたが、有栖川宮より御下賜の「経国治幽」の額が失われたことはまことに残念なことでありました。  その後、しばらくは霞町一番地の仮事務所に移転しておりましたが、昭和36年12月31日、千家遂彦出張所長によって、現在地に木造の神殿が再建されました。  昭和55年12月4日には近隣の開発に伴い、鉄筋コンクリート造りの神殿に改築されて現在にいたっており、縁結びなどの諸祈願や神前結婚式を奉仕して、広く皆様のご希望に応じております。 <初詣> 【例年の参拝者数】 25,000人 【例年の混雑時間】 正月3が日及び土日祝の12時~16時頃 【参拝時間(年末年始期間)】 9時~17時 <ご利益> 縁結び、合格祈願・学業成就、健康祈願・病気平癒、商売繁盛・千客万来、金運上昇・財運上昇、出世成功・昇格昇進、家内安全・交通安全、恋愛成就、安産祈願・子宝・子授け、厄除け・厄払い、開運招福・諸願成就 <年末年始の新型コロナウイルス対策、施設からのお願い> 松の内を避けて時期をずらしての参拝を。 マスク着用、手指消毒 手水舎・祓社の封鎖 御祈祷の人数制限 郵送での御祈祷・御神札の受付

最寄駅
六本木駅(徒歩1分)
所在地
東京都港区六本木7丁目18-5
営業時間
参拝時間(通常時) 9:00~17:00
授与所受付時間 9:00~17:00
御朱印受付時間 9:00~17:00
最寄駅
六本木駅(徒歩1分)
所在地
東京都港区六本木7丁目18-5
営業時間
参拝時間(通常時) 9:00~17:00
授与所受付時間 9:00~17:00
御朱印受付時間 9:00~17:00

鎮守氷川神社

お正月には年明けカウントダウンなど多くのイベントが行われ、オリジナルのお札、お守りが盛り沢山。お正月限定の御朱印符、熊手縁起物、初夢みくじ等を用意。元日には500台の臨時駐車場が設けられる。楽しいお正月を迎えたい方はぜひ参拝してみては。

七百年の歴史を有し、その時代時代に多くの人達の願いを神様に届けてきた古社。主祭神はヤマタノオロチを退治した神話で知られるスサノオノミコトをお祀りし、厄除け、除災招福の霊験で広く知られています。又、夫婦神であるクシナダヒメをお祀りすることから、安産・縁結びでも有名です。境内には抱きつける御神木、大ケヤキがあり「元気の木」と言われ、パワースポットとして多くの方が訪れます。中でも富士山を模して作られた「富士塚」は古来より安産の御神徳があると広く知られており、頂上にある『撫で犬』は、撫でると親犬…「安産」、子犬…「子育て」、親子…「家内安全」のご神徳があると言われています。その他、神社を囲むように鎮座する末社、厄割石、七福神など見どころ盛りだくさんです。 <初詣> 【例年の参拝者数】 10万人 【例年の混雑時間】 1月1日 0:00~3:00、1月1~3日 9:00~17:00 【参拝時間(年末年始期間)】 24時間参拝可能 【初詣の特徴】 24時間参拝可能、授与所あり、おみくじあり、御朱印あり <ご利益> 厄除け・厄払い-合格祈願・学業成就-健康祈願・病気平癒-商売繁盛・千客万来-金運上昇・財運上昇-出世成功・昇格昇進-家内安全・交通安全-恋愛成就・縁結び-安産祈願・子宝・子授け-開運招福・諸願成就 <年末年始の新型コロナウイルス対策、施設からのお願い> 〇マスク着用必須。 〇ソーシャルディスタンスの確保。 〇ご祈祷の人数制限。 〇手水の柄杓撤去。 〇社殿前の鈴緒の撤去。 〇職員のマスク・手袋・フェイスシールド着用。 〇授与所の飛沫ガード設置。

最寄駅
西川口駅
所在地
埼玉県川口市青木5-18-48
営業時間
参拝時間 24時間参拝可能
授与所受付時間 8:30~17:00 ※1月1日のみ 0:00~18:00
御朱印受付時間 9:00~16:30まで(1月1~14日まで御朱印符のみ。浄書は15日以降)
最寄駅
西川口駅
所在地
埼玉県川口市青木5-18-48
営業時間
参拝時間 24時間参拝可能
授与所受付時間 8:30~17:00 ※1月1日のみ 0:00~18:00
御朱印受付時間 9:00~16:30まで(1月1~14日まで御朱印符のみ。浄書は15日以降)

東漸寺

▲除夜の鐘
▲除夜の鐘

お正月三箇日は毎日、随時各種御祈願を受付けています。約530年前に開かれた浄土宗の寺院、江戸初期に関東十八檀林の一つとされた名刹、樹齢330年を誇るしだれ桜が有名。

江戸時代は徳川幕府直轄であり、千葉県北西部随一の境内と巨木を有する東漸寺には、毎年、多くの人々が参詣に訪れます。なかでも1,000個の提灯と、12基のかがり火に彩られる幽遠な「除夜の鐘」では、境内が荘厳な雰囲気に包まれます。希望者は寺務所にて護符(冥加料が必要)と番号札を受け、鐘楼堂で係に札を渡し鐘をつくことができます。※雰囲気を守り混乱を避けるため、境内の駐車場は封鎖されます。近隣にコインパーキングがあります。 <除夜の鐘> 1,000個の提灯と12基のかがり火に彩られる境内のもと行われます。先着順。23時から26時まで。番号札1,000円(御札つき)。新型コロナウイルス対策の為、内容を変更することがあります。 <初詣> 【例年の参拝者数】 約3万人 【例年の混雑時間】 1月1日 0:00~1:00 1月2、3日 10:00~15:00 【参拝時間(年末年始期間)】 9:00~17:00 【初詣の特徴】 授与所あり、おみくじあり、御朱印あり <ご利益> 開運招福・諸願成就、厄除け・厄払い、合格祈願・学業成就、健康祈願・病気平癒、商売繁盛・千客万来、金運上昇・財運上昇、家内安全・交通安全、安産祈願・子宝・子授け <年末年始の新型コロナウイルス対策、施設からのお願い> 参拝される方には、マスク着用の上、ソーシャルディスタンスの確保をお願い致しております。 尚、イベント内容につきましては、新型コロナウイルス対応を鑑みて、変更する場合がございます。

最寄駅
北小金駅
所在地
千葉県松戸市小金359
営業時間
参拝時間 9:00~17:00
授与所受付時間 9:00~16:30
御朱印受付時間 9:00~16:30
最寄駅
北小金駅
所在地
千葉県松戸市小金359
営業時間
参拝時間 9:00~17:00
授与所受付時間 9:00~16:30
御朱印受付時間 9:00~16:30

威光山法明寺

江戸時代に鋳造された法明寺の梵鐘。その下縁には曲尺、算盤、枡、天秤などの度量衡のめずらしい紋様がある。

威光山法明寺は嵯峨天皇の代の弘仁元年(西暦810年)、真言宗の旧跡で威光寺として開創されました。『東鑑』第1巻に「武蔵国威光寺者。依為源家数代御祈祷所。院主僧増円相承之僧坊寺領。如元被奉免之」云々とあり、その古い歴史を物語っています。 後の正和元年(1312年)、宗祖日蓮聖人のお弟子で中老僧の一人、日源上人が日蓮宗に改宗、威光山法明寺と寺号を改めました。以来、法燈50世、約700年の歴史を刻んできました。その間、徳川3代将軍・家光公より御朱印を受け、代々将軍家の尊崇を受け、折りごとに多くの寄進を受けています。24世日宏上人の代には、内大臣西園寺公晃卿より、緋紋白袈裟と乗輿(じょうよ)等の寄進を受け、宗門弘通の道場として耳目を集めました。 近年に至り関東大震災で本堂が倒壊、46世一妙院日龍上人が昭和7年に再興しています。しかし昭和20年戦災により全山焼失、47世一味院日厚上人が昭和34年に本堂を再建、さらに昭和37年客殿庫裡を竣工しました。 昭和43年一厚院日悠上人を中心に、鐘楼ならびに山門の復興も完了、ほぼ寺内の偉容を旧に復しました。 <除夜の鐘> 本年は一般参加は中止となりました <初詣> 【参拝時間(年末年始期間)】 開門 6:30~閉門 17:00(ただし御朱印の対応は10:00~16:00) 【初詣の特徴】 御朱印あり <ご利益> 開運招福・諸願成就 <年末年始の新型コロナウイルス対策、施設からのお願い> 本年の除夜の鐘の一般の方の参加は中止致します

最寄駅
雑司が谷駅 / 鬼子母神前駅
所在地
東京都豊島区南池袋3-18-18
営業時間
参拝時間(通常時)6:30~17:00
最寄駅
雑司が谷駅 / 鬼子母神前駅
所在地
東京都豊島区南池袋3-18-18
営業時間
参拝時間(通常時)6:30~17:00

千葉縁結び大社(千葉厄除け不動尊山内)

▲縁結び鳥居
▲縁結び鳥居
▲愛染神社内陣
▲愛染神社内陣
▲境内
▲境内
▲学業天神
▲学業天神
▲ご利益めぐり
▲ご利益めぐり

関東厄よけ三不動の一つ。厄除けに力あり。毎日、お護摩祈願厳修。

1年の始めに力のお不動のお護摩加持を受け、願いの叶うお不動様から力や元気を頂き1年の無事を祈ります。境内では、七福神のご利益巡り、縁結び大社での恋の願かけ巡りができ、毎年沢山の人でにぎわいます。 ・お知らせ 2021年元旦~3日は、千葉駅より当山臨時直行バス運行。 <初詣> 【例年の参拝者数】 1月中 60万人 【例年の混雑時間】 1月1日 11:00~13:00 【参拝時間(年末年始期間)】 12月31日23:30~1月1日16:30 1月2日・3日9:00~16:30 ※12月31日23:30から開門し、お詣りのみ。1月1日9:15より15:40の時間で御祈願を受付けます。最終受付時間はお問い合わせください。 【屋台・露店】 あり 【初詣の特徴】 授与所あり、おみくじあり、御朱印あり <ご利益> 良縁成就、恋愛成就、結婚成就、厄除け、方位除け、学業成就 <年末年始の新型コロナウイルス対策、施設からのお願い> 祈願するお堂内ではコロナ感染防止策をとっています。マスク着用と検温に加え、除菌ミスト噴霧、高度空気清浄機、手袋配付、椅子間隔開け、換気(全窓あけ)

最寄駅
土気駅 / 大網駅
所在地
千葉県東金市山田1210妙泉寺
営業時間
参拝時間 9:30~16:30
授与所受付時間 9:30~16:00
御朱印受付時間 9:30~16:00
定休日
(大晦日は休み/夜、23:30~)1月以外の毎週金曜日は完全休業日
最寄駅
土気駅 / 大網駅
所在地
千葉県東金市山田1210妙泉寺
営業時間
参拝時間 9:30~16:30
授与所受付時間 9:30~16:00
御朱印受付時間 9:30~16:00
定休日
(大晦日は休み/夜、23:30~)1月以外の毎週金曜日は完全休業日

もっと見る

閉じる


川越氷川神社

▲大鳥居
▲大鳥居
▲拝殿正面(昼)
▲拝殿正面(昼)

二組のご夫婦神と出雲大社の縁結びの神様としても知られる大己貴命をお祀りしていることから、「家庭円満・夫婦円満・縁結びの神様」として信仰されています。

今から約千五百年前、古墳時代の欽明天皇二年に創建されたと伝えれらています。川越城が築城されて以来、城下の守護神・藩領の総鎮守として歴代城主により篤く崇敬されました。現在の本殿には緻密な彫刻が施され、県の重要文化財となっています。秋の例大祭の附祭りとして発展した、川越氷川祭の山車行事は、国の重要無形文化財・ユネスコ無形文化遺産に登録されています。 <初詣> 【例年の参拝者数】 30万人 【例年の混雑時間】 1月1日~3日まで終日 【参拝時間(年末年始期間)】 1月1日 0:00~3:00、6:00~19:00 1月2、3日 8:00~19:00 ※変更になる場合もあります。 【初詣の特徴】 授与所あり、おみくじあり <ご利益> 家庭円満・夫婦円満・縁結び、合格祈願・学業成就、健康祈願・病気平癒、商売繁盛・千客万来、家内安全・交通安全、恋愛成就、安産祈願・子宝・子授け、厄除け・厄払い <年末年始の新型コロナウイルス対策、施設からのお願い> コロナ対策のため行事や祈願については例年と異なる場合がございます。12月中旬以降にホームページで公開致しますので、お参り・御祈願の際はそちらを参照し、お越し願います。

最寄駅
川越駅
所在地
埼玉県川越市宮下町2-11-3
営業時間
参拝時間(通常時・ご祈祷、お守りの授与等) 8:00~18:00 ※24時間参拝は可能
社頭授与所受付時間 1月1日 0:00~3:00、6:00~19:00 1月2、3日 8:00~19:00 ※4日以降の通常営業時間は8:00~18:00
最寄駅
川越駅
所在地
埼玉県川越市宮下町2-11-3
営業時間
参拝時間(通常時・ご祈祷、お守りの授与等) 8:00~18:00 ※24時間参拝は可能
社頭授与所受付時間 1月1日 0:00~3:00、6:00~19:00 1月2、3日 8:00~19:00 ※4日以降の通常営業時間は8:00~18:00


江島神社

▲朱の鳥居と瑞心門
▲朱の鳥居と瑞心門
▲弁財天が安置されている奉安殿
▲弁財天が安置されている奉安殿
▲御神木
▲御神木
▲多紀理比賣命が祀られている奥津宮
▲多紀理比賣命が祀られている奥津宮
▲辺津宮の灯篭
▲辺津宮の灯篭
▲市寸島比賣命をお祀りしている中津宮
▲市寸島比賣命をお祀りしている中津宮

日本三大弁財天の1つと三社に海の御祭神三女神を祀る。

<御由緒> 欽明天皇13(552)年神宣により江の島の岩屋洞窟で一歳二度の祭祀この時始まるとあり、1460年あまりの歴史が有り、海運、漁業、交通の守護神として祀られてきました。辺津宮、中津宮、奥津宮と三宮を有し、各宮に宗像三女神を一柱ずつお祀りする、三宮御一体の神社である。辺津宮にある奉安殿には、日本三大弁財天のひとつに数えられる江の島弁財天の妙音弁財天像と八臂弁財天像をお祀りし、財運、芸能、縁結びの御神徳があります。また、境内の御神木「結びの樹」には良縁を更に固く結ぶよう願いを込めたむすび絵馬が多数懸けられています。所蔵している「江島縁起」は江の島の天女と深澤の五頭龍の伝説や、龍神伝説が記されており、島全体が現在で言うパワースポットです。 <初詣> 【例年の参拝者数】 不明 【参拝時間(年末年始期間)】 1月1日 0:00~18:00 【屋台・露店】 なし 【初詣の特徴】 授与所あり、おみくじあり、御朱印あり

最寄駅
片瀬江ノ島駅
所在地
神奈川県藤沢市江の島2-3-8
営業時間
参拝時間 8:30~17:00
授与所受付時間 8:30~17:00
御朱印受付時間 8:30~17:00
最寄駅
片瀬江ノ島駅
所在地
神奈川県藤沢市江の島2-3-8
営業時間
参拝時間 8:30~17:00
授与所受付時間 8:30~17:00
御朱印受付時間 8:30~17:00

最寄駅
川崎大師駅
所在地
神奈川県川崎市川崎区大師町4-48
営業時間
参拝時間(通常時)大本堂開扉時間 6:00~17:30
御朱印受付時間(通常時) 6:00~17:30
最寄駅
川崎大師駅
所在地
神奈川県川崎市川崎区大師町4-48
営業時間
参拝時間(通常時)大本堂開扉時間 6:00~17:30
御朱印受付時間(通常時) 6:00~17:30

明治神宮

人工の森に囲まれ、日本一の初詣数を誇る明治神宮 厄祓、除災招福、家内安全、合格祈願などの御祈願を随時執り行います。

明治神宮は明治天皇と皇后の昭憲皇太后をお祀りする神社で、大正9年(1920年)11月1日に創建されました。 鬱蒼と茂った緑したたる常磐の森は、神宮御鎮座にあたり、全国から献木されたおよそ10万本を植栽した人工林です。初詣は例年日本一の参拝者数を集める神社としても知られています。 明治神宮神楽殿では、厳かな神楽舞を奉納して、家族の幸せを願う家内安全、身体安全祈願を始め、厄祓、受験生の合格祈願、そして会社の隆昌を祈念する社運隆昌、商売繁昌祈願などを執り行い、連日多くの参拝者が訪問しています。また、御苑の加藤清正が掘ったと言われる清正井(きよまさのいど)は、人気となっています。 御苑は毎年6月には、明治天皇のおぼしめしにより昭憲皇太后のために植えられた、美しい花菖蒲が咲き誇ることで有名ですが、1月にもまた違う発見があり、四季折々でちがった自然を感じることのできる場所です。 <初詣> 【例年の参拝者数】 約300万人(12/31~1/3) 【混雑時間】 1月1日 10:00~15:00 1月2日~3日 11:00~15:00 【参拝時間(年末年始期間)】 2020年大晦日は16:00に閉門、元日は6:00開門 ※本年の大晦日から元旦にかけての終夜参拝は行いません。 【初詣の特徴】 授与所あり、おみくじあり、御朱印あり <ご利益> 厄祓、除災招福、国家安泰、皇室弥栄、合格祈願、学業成就、健康祈願、病気平癒、商売繁盛、家内安全・交通安全、縁結び、安産祈願等 <年末年始の新型コロナウイルス対策、施設からのお願い> 年末年始の参拝時間が変更となります。 大晦日:16:00に閉門 元旦:朝6時から開門 ※変更となる場合があります

最寄駅
明治神宮前〈原宿〉駅 / 原宿駅
所在地
東京都渋谷区代々木神園町1-1
営業時間
参拝時間 日の出と共に開門し、日の入りに合わせて閉門するため、月により時間が異なる
授与所受付時間 参拝時間に同じ
御朱印受付時間 参拝時間に同じ
最寄駅
明治神宮前〈原宿〉駅 / 原宿駅
所在地
東京都渋谷区代々木神園町1-1
営業時間
参拝時間 日の出と共に開門し、日の入りに合わせて閉門するため、月により時間が異なる
授与所受付時間 参拝時間に同じ
御朱印受付時間 参拝時間に同じ

東京大神宮

伊勢神宮の神様をまつる「東京のお伊勢さま」。日本で最初の神前結婚式を行った神社であることから、縁結びのご利益で有名。

江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯かけての願いでした。明治の新国家が誕生すると、明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建されました。最初日比谷の地に鎮座していたことから、世に「日比谷大神宮」と称されていました。関東大震災後の昭和3年に現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を「東京大神宮」と改め今日に至っております。現在、広く行われている神前結婚式は東京大神宮の創始によるものであり、今も神前において伝統的な結婚の儀式を守り伝えております。伊勢神宮の御祭神である天照皇大神と豊受大神をおまつりし「東京のお伊勢さま」と称され親しまれています。また、天地万物の生成化育つまり結びの働きを司る造化の三神があわせまつられていることと、神前結婚式を創始した神社であることから縁結びに御利益があるとされ、良縁を願う人たちのご参拝も年々多くなっているなど、その御神徳は実に広大無辺なものがあります。 <初詣> 【例年の参拝者数】 約5万人 【例年の混雑時間】 1月1日 10:00~18:00 【参拝時間(年末年始期間)】 1月1日 0:00~21:00、1月2・3日 6:00~21:00 【初詣の特徴】 授与所あり、おみくじあり、御朱印あり <ご利益> 良縁・合格祈願・学業成就-健康祈願・病気平癒-商売繁盛・千客万来-家内安全・交通安全-恋愛成就・縁結び-安産祈願・子宝・子授け-厄除け・厄払い-開運招福・諸願成就 <年末年始の新型コロナウイルス対策、施設からのお願い> 東京大神宮では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、密集を回避していただくために三が日や1月中に限らず日程を分散してのご参拝(12月~2月)と郵送によるご祈祷をおすすめいたしております。郵送祈祷をご希望の方は東京大神宮のホームページをご覧ください。

最寄駅
飯田橋駅 / 九段下駅
所在地
東京都千代田区富士見2-4-1
営業時間
参拝時間 6:00~21:00
授与所受付時間 8:00~19:00
御朱印受付時間 9:00~17:00
最寄駅
飯田橋駅 / 九段下駅
所在地
東京都千代田区富士見2-4-1
営業時間
参拝時間 6:00~21:00
授与所受付時間 8:00~19:00
御朱印受付時間 9:00~17:00

松島神社

14柱の格の高い神様が祀られている他にはない神社。枕の下に入れて眠ると良い夢が見られると伝えられているお札“良夢”が人気です。正月の七福神巡りや11月の酉の日にはたくさんの参拝者でにぎわいます。

御祭神が稲荷大神・伊邪那岐神・伊邪那美神・日前大神(天照大神)・北野大神(菅原道真公)・手置帆負神・彦狭知神・淡島大神・八幡大神・猿田彦神・琴平大神・天日鷲神(大鳥大神)・大宮能売神(おかめさま)・大国神(だいこくさま) 創建時代は不詳だが、口伝によると鎌倉時代の元亨(1321)以前と推定される。 正中元年(1324)柴田家三男の柴田権太に百難救助すべしとの神示があり、霊験自在円満の感応ありその奇得を多くの人が信仰し、正一位稲荷大名神の位記をたてまつられました。天正13年(1585)に住民の希望により邸宅を公開し自由に参拝をできるように。その時、島内は松が沢山生えていたため、人々は松島稲荷大名神と唱えました。 正徳3年(1713)付近を埋め立て武家屋敷を造るために、日本各地から技を持つ人々が集められそのまま住居を構え、町の中心に位置した松島稲荷にそれぞれの故郷の神をあわせて祀ったため、他社に比べ14柱と多くの御祭神となりました。 <初詣> 除夜祭を午前0時より執り行います(神社なので、鐘はありません)。 【例年の参拝者数】 1月4日だけで約8,000人 【例年の混雑時間】 0:00~3:00、9:00~17:00 【初詣の特徴】 24時間参拝可能、授与所あり、おみくじあり、御朱印あり <ご利益> 開運招福、商売繁盛、金運上昇・財運上昇、千客万来、恋愛成就・縁結び、安産祈願・子宝・子授け、学業成就・合格祈願、健康祈願・病気平癒、家内安全、諸願成就 <年末年始の新型コロナウイルス対策、施設からのお願い> 例年、除夜祭参加者にはお守りとお神酒をお配りしておりましたが、2021年の除夜祭は取り止めとします。 その他、手水舎の水を止め、柄杓と鈴尾も撤去します。 七福神廻りの色紙・宝船は揃いのみで、1月11日(月・祝)まで用意いたします(ただし、数量限定でなくなり次第終了)。 御朱印は書き置きのみで、「松島神社」と「大国神」をご用意いたします。 なお、新型コロナウイルス感染状況により変更・中止となる場合もございます。

最寄駅
水天宮前駅 / 浜町駅 / 人形町駅
所在地
東京都中央区日本橋人形町2-15-2
営業時間
御朱印受付時間 9:00~18:00
最寄駅
水天宮前駅 / 浜町駅 / 人形町駅
所在地
東京都中央区日本橋人形町2-15-2
営業時間
御朱印受付時間 9:00~18:00

大國魂神社

▲大國魂神社 社殿
▲大國魂神社 社殿

大國魂大神を武蔵国の守り神としてお祀りした神社で、厄除け、縁結びで有名です。

大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)を武蔵の国の守り神としてお祀りした神社です。創建は第12代景行天皇41年(111)の創建と伝えられ、約1,900年の歴史があります。大化の改新(645)以降、武蔵国の国府がこの地に置かれ、国司が奉仕するようになり、武蔵国内の多くの神社を合せてお祀りしたことから「武蔵総社」となり、後に武蔵国内著名な神社六社(小野大神・小河大神・氷川大神・秩父大神・金佐奈大神・杉山大神)をお祀りしたことから「六所宮」と呼ばれるようになりました。5月5日を中心に行われる例大祭は関東三大奇祭の一つとして有名で、かつては深夜、街中の灯が消された暗闇の中を八基の神輿が渡御したことから「くらやみ祭」と呼ばれています。現在は5月5日夕刻に神輿渡御が行われます。 <初詣> 【例年の参拝者数】 50万人 【例年の混雑時間】 1月1日~3日 9:00頃~17:00頃 【参拝時間(年末年始期間)】 1月1日~3日 6:30~19:00 【初詣の特徴】 授与所あり、おみくじあり、御朱印あり <ご利益> 厄除け・家内安全・縁結び・合格祈願・学業成就、健康祈願・病気平癒・商売繁盛・交通安全・安産祈願・八方除け・開運招福 <年末年始の新型コロナウイルス対策、施設からのお願い> 開門時間の短縮・露店の自粛・混雑時の昇殿祈祷の入場制限

最寄駅
府中本町駅 / 府中駅 / 府中競馬正門前駅
所在地
東京都府中市宮町3-1
営業時間
参拝時間 6:30~17:00
授与所受付時間 9:00~17:00
御朱印受付時間 9:00~17:00
最寄駅
府中本町駅 / 府中駅 / 府中競馬正門前駅
所在地
東京都府中市宮町3-1
営業時間
参拝時間 6:30~17:00
授与所受付時間 9:00~17:00
御朱印受付時間 9:00~17:00

波除神社

元旦の午前0時より、境内にてその年の干支の折り紙を添えたお守り『干支の守り札』を先着で境内にて配布。昇殿参拝の方々が次々と来社し、本殿で祈願を受けた後には、波除神社の神様にお供えするお米で造られた「波除」という御神酒の振る舞いが執り行われます。

今から350年程前、この築地一帯は一面の海でした。江戸開府(1603)時の慶長江戸絵図には、今の日比谷のお堀の辺りまで汐入を描き、八重洲の海岸に船の役所が見えます。開府前より始まった江戸城西丸の増築に掘られた、お堀の揚げ土を以って日比谷入江から埋め始められた、江戸東南海面埋立は、その後全国の諸侯七十家に千石に一人の人夫を出させ、後にはその埋立の役員の名をとり、尾張町、加賀町等と名附けられました。そして70年の後、明暦の大火の後に4代将軍家綱公が手がけた最後の埋立の工事困難を極めたのが、この築地海面でした。堤防を築いても築いても激波にさらわれてしまうのです。或夜の事、海面を光りを放って漂うものがあり、人々は不思議に思って船を出してみると、それは立派な稲荷大神の御神体でした。皆は畏れて、早速現在の地に社殿を作りお祀りして、皆で盛大なお祭をしました。ところがそれからというものは、波風がピタリとおさまり、工事はやすやすと進み埋立も終了しました。萬治2年(1659)の事です。人々は、その御神徳のあらたかさに驚き、稲荷大神に 『波除』 の尊称を奉り、又雲を従える<龍>、風を従える<虎>、一声で万物を威伏させる<獅子>の巨大な頭が数体奉納され、これを担いで回ったのが祭礼 『つきじ獅子祭』 の始まりです。 <初詣> 【例年の参拝者数】 3万人 【例年の混雑時間】 1月1日 0:00~3:00、11:00~16:00 【参拝時間(年末年始期間)】 境内参拝は24時間可能 【初詣の特徴】 24時間参拝可能、授与所あり、おみくじあり、御朱印あり <ご利益> 厄除け・災難除け、商売繁盛・千客万来、家内安全・交通安全、開運招福・諸願成就

最寄駅
築地駅 / 築地市場駅
所在地
東京都中央区築地6-20-37
営業時間
参拝時間 境内は24時間参拝可能
授与所受付時間 9:00~17:00
最寄駅
築地駅 / 築地市場駅
所在地
東京都中央区築地6-20-37
営業時間
参拝時間 境内は24時間参拝可能
授与所受付時間 9:00~17:00

最寄駅
大師前駅
所在地
東京都足立区西新井1-15-1
営業時間
参拝時間(通常時) 8:00~18:00
授与所受付時間 9:00~16:30
御朱印受付時間 9:00~16:30
最寄駅
大師前駅
所在地
東京都足立区西新井1-15-1
営業時間
参拝時間(通常時) 8:00~18:00
授与所受付時間 9:00~16:30
御朱印受付時間 9:00~16:30

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました