お花見特集2017

小石川後楽園のお花見[2017年版]
東京都 文京区

小石川後楽園  桜(さくら)の見ごろ

小石川後楽園は、水戸黄門で知られる徳川光圀公ゆかりの大名庭園。梅の名所として知られているが、シダレザクラやソメイヨシノも楽しめる。琴と尺八の演奏や狂言のイベントもあり、タイミングが合えば、雅楽や舞踊と共にお花見が可能だ。


ツウが教えるpoint
定番から珍しい品種まで様々な種類の桜を楽しめる

小石川後楽園の入口には大きなシダレザクラが植えられており、満開のシーズンは見事。また、都内では珍しいウコンザクラ等、様々な種類の桜を楽しむことが出来る。

大泉水を囲むソメイヨシノ

園内には「大泉水」と呼ばれる池があり、その周囲をソメイヨシノ が囲っている。内庭に佇む大泉水は蓮に覆われた様が美しく、琵琶湖を表現した景色を造り出しており、小石川後楽園の中心的景観として親しまれている。

お花見情報&基本データ
見ごろ
3月下旬~4月上旬 (シダレザクラは3月中旬~3月下旬) (詳細
桜の本数
約33本
桜の種類
シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ
イベント
なし
ライトアップ
なし
料金
一般 300円、65歳以上 150円 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
トイレ
あり
売店
あり
時間
9:00~17:00 ※入園は16:30まで [2017年3月18日(土)~4月5日(水)は9:00~18:00 ※入園は17:30まで]
住所
東京都文京区後楽一丁目
最寄駅
後楽園、飯田橋

▲ページTOPへ

みんなの口コミ・現地情報

花見情報を投稿しよう

投稿する

PR