混雑を避けて効率よく回ろう GWに行きたい! 鎌倉のおすすめスポットモデルコース

新緑の美しい鎌倉を堪能できるGW。でも、GWは混雑していて観光どころではなさそう…そんな不安をもつ人も多いのでは。GWの鎌倉は確かにどこも混雑するが、早朝や夕方などの「混雑が緩和しやすい時間」や、こぢんまりとした「穴場スポット」に立ち寄りながら巡れば、人気スポットを押さえつつたっぷり観光することができそう。今回はそんなコツも踏まえつつ、モデルコースをご紹介しよう。

鎌倉駅チカのカフェ「ダンデライオン・チョコレート鎌倉店」でモーニング

ダンデライオン・チョコレート鎌倉店
(c)Dandelion Chocolate Japan

ダンデライオン・チョコレート鎌倉店

人気スポットひしめく鎌倉で混雑回避するコツは、なんといっても朝早くに到着すること。鎌倉の朝は早く、モーニングのおいしいお店も多数ある。おすすめはダンデライオン・チョコレート鎌倉店。駅チカ立地で立ち寄りやすく、どこを観光するにも便利だ。
窓が広く取られた2Fカフェスペースは、木のぬくもりを生かしたナチュラルな内装。モーニング限定のチョコクロワッサンや、グラノーラなど朝食にぴったりのメニューもあり、これから始まる一日への期待を高めてくれる。
ダンデライオン・チョコレートはカカオ豆からチョコレートになるまで、チョコレート作りのすべてを自分たちで行うビーン・トゥ・バー・チョコレートの専門店。1Fのショップスペースでは、こだわりのチョコレートをお土産に購入してみては。

営業時間 8:00~20:00 (ラストオーダー19:30)
場所 ダンデライオン・チョコレート鎌倉店
最寄駅 鎌倉

鎌倉駅/神奈川県

鶴岡八幡宮

早朝参拝なら混雑しない! 鎌倉のシンボル「鶴岡八幡宮」へ

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

鎌倉の中心地に鎮座する、源氏ゆかりの「鶴岡八幡宮」。本宮は大臣山の中腹に位置し、GW頃には新緑の山々に朱色の社殿が映える美しい姿が見られる。鎌倉屈指の名スポットであるものの早朝より参拝可能のため、早い時間に参拝すれば混雑回避も可。朝の清々しい空気の中での参拝は、心癒される時間になること間違いなし!
本宮の楼門内にて参拝を終えたあとは、大石段の上から鎌倉の街を見渡してみて。段葛から由比ヶ浜まで鎌倉の街をまっすぐに貫く参道を眺めると、鶴岡八幡宮が鎌倉の中心であることが実感できる。GWの時期には神苑ぼたん庭園のぼたんの花も見ごろ。境内は広いため、景色を楽しみながら、ゆったりと散歩を楽しんでもいい。

営業時間 参拝時間 6:30~20:30
神苑ぼたん庭園:9:00~16:30(入場16:00まで)
※春の鎌倉ぼたんの見ごろは、4月上旬~5月上旬
場所 鶴岡八幡宮
最寄駅 鎌倉

鎌倉駅/神奈川県

英勝寺

新緑の景色がフォトジェニック! 竹林も美しい「英勝寺」

英勝寺

英勝寺

鎌倉駅から徒歩圏で、新緑のフォトジェニックな景色が見られるスポットとして一押しなのが「英勝寺」。鮮やかな新緑とその中にたたずむ書院はため息が出る美しさだ。ここは鎌倉に現存する唯一の尼寺で、開基の英勝院尼の没後、徳川水戸家の姫が代々住職を務めてきたお寺。初夏のあじさい、秋の彼岸花と四季折々の花が楽しめる花の寺としても知られ、GW頃には白藤が見ごろをむかえる。
また、仏殿の奥には竹林の小道があり、清々しい竹林の風景を眺めながら散策を楽しむことができる。「女性の寺」ならではの雅な雰囲気を味わおう。

営業時間 9:00~16:00
場所 英勝寺
最寄駅 鎌倉

長谷駅/神奈川県

長谷寺

絶景が望める眺望散策路に、写経・写仏体験。長谷寺で癒しの時間を味わう

長谷寺

長谷寺

鎌倉駅周辺を散策したあとは、江ノ電に乗って長谷エリアへ。このエリアの人気スポット「長谷寺」は鎌倉の西方極楽浄土と謳われる風情たっぷりのお寺。GWには藤が見ごろとなっており、新緑の青紅葉も美しい。「見晴台」や「眺望散策路」からは鎌倉の海や街並みを見渡すことができ、海と山の景色が同時に楽しめる鎌倉らしい眺望のよいお寺でもある。
参拝を終えたら、写経や写仏体験に挑戦してみてはどうだろう。心を鎮めながら一筆一筆を運ぶ時間は、日常から切り離された特別な時間になるはず。長谷寺では道具なども揃っており、毎日自由に写経・写仏が体験できる。境内には食事処やカフェもあるため、一休みしてグルメを楽しんでもいい。

営業時間 開門時間:8:00~17:00
写経・写仏受付時間:9:00~15:00 
※場内満席のため、入場が制限される場合もあります。
場所 長谷寺
最寄駅 長谷 ※GWの江ノ電はかなり混雑する可能性があります。

江ノ島駅/神奈川県

江の島シーキャンドル

夕日の名所「江の島」でダイナミックな夕景に酔いしれよう

江の島シーキャンドル

江の島シーキャンドル

アクティブな一日の締めくくりは江の島で過ごそう。GWの江の島は非常に混雑するものの、夕方から夜にかけては混雑も緩和してくる。日が沈む少し前には江の島へ着き、展望灯台「江の島シーキャンドル」へ向かおう。海抜100mの展望台からは、相模湾、遠くには富士山を望む絶景が広がる。サンセットの時間はどこを切り取っても絶景!という、ダイナミックな夕景が楽しめるはず。混雑時はシーキャンドルからさらに少し歩いて「稚児ヶ淵」を目指し、足元から広がる海の景色とともに夕日を楽しんでもいい。
夜にはライトアップされた江の島シーキャンドルや遠くに煌めく街の灯りが見られ、夜景が楽しめるスポットでもある。夕景とはまた違った美しさを楽しみながら、一日の締めくくりとしよう。

営業時間 9:00~20:00 最終入場は19:30まで
場所 江の島シーキャンドル
最寄駅 江ノ島

▲ページTOPへ

みんなの口コミ・現地情報

ゴールデンウィーク情報を投稿しよう

投稿する

PR