学園祭グランプリ2019 受賞校の発表!

東京のおでかけ情報サイト「レッツエンジョイ東京」を運営する株式会社レッツエンジョイ東京(東京都千代田区、代表取締役社長:外谷敬之)は、株式会社ぐるなびの委託を受け、東京地下鉄株式会社の協力のもと、2019年12月21日(土)に、首都圏の学園祭No.1を決めるコンテスト「学園祭グランプリ2019」の最終審査会を開催しました。
出場した全141キャンパスの中で最高得点を獲得した、立教大学 池袋キャンパス「The 35th St. Paul's Festival」を”MVP”に選出し、表彰状および副賞を授与しました。
また、「パフォーマンス賞」「海外発信賞」「装飾賞」など、6つの「特別賞」の受賞キャンパスを発表。さらに、私鉄8社と協力し、各私鉄の沿線にあるキャンパスの中で、地域活性化において特に優秀な取り組みを行ったキャンパスを「電鉄賞」として表彰しました。
グランプリの総合TOP10は、「地域活性化」「国際交流」「大学独自」の3つの取り組みを審査ポイントとして、現役の学園祭実行委員の大学生らを中心に、書類審査やプレゼン審査を経て決定しました。

電鉄賞

東京メトロ賞

東京メトロ賞 立教大学 池袋キャンパス

立教大学 池袋キャンパス池袋駅

The 35th St. Paul's Festival /池袋冒険ラリー

実行委員による企画紹介 池袋という立地の特性を活かすために、池袋にある多くの企業や飲食店とコラボし、そこを回ってもらう『池袋冒険ラリー』を実施した。企画書作成から、ラリーカード・ポスター・WEB作成、協力店舗のアポイントメント取りなど全ての業務を自分たちで行なった。具体的には、池袋サンシャインシティ水族館、西武池袋本店、マルイ池袋、東京芸術劇場、SPFコラボ飲食店の5箇所にラリーカードを置かせていただき、そのカードを池袋キャンパスにお持ちいただくことで景品をお渡しするという企画内容になっている。

小田急電鉄賞

小田急電鉄賞 東京農業大学 世田谷キャンパス

東京農業大学 世田谷キャンパス経堂駅

創立128年 東京農業大学収穫祭 /収穫祭パレード

実行委員による企画紹介 収穫祭本祭12日前の10月20日(日)に農大通り商店街及び経堂駅周辺で収穫祭パレードを実施した。
世田谷キャンパス15学科統一本部はかかしを製作しパレードにて披露した。
全学応援団は経堂駅ロータリーで青山ほとり(大根踊り)などの演舞を披露した。
収穫祭のマスコットキャラクターである大魂くんも登場し、農大通り商店街を行き交う人々と交流した。

京王電鉄賞

京王電鉄賞 中央大学 多摩キャンパス

中央大学 多摩キャンパス多摩動物公園駅

第53回 白門祭 /はくもんマルシェ

実行委員による企画紹介 これまでの白門祭では地域の方との協働企画はありませんでした。しかし、日頃お世話になっている地域の方と何か企画を行いたいと考え、地元野菜販売企画「はくもんマルシェ」を昨年度からスタートさせました。学園祭を通じて地産地消の応援がしたいという思いが込められたこの企画には、今年も販売開始前から大勢のお客様が集まり、2日間で1000人以上の方がお立ち寄りになる企画となりました。この野菜販売では、「NPO法人めぐみ」の協力のもと、大学周辺でとれた野菜や果物の販売、日野市の特産品の販売を行いました。さらに今年は地元和菓子店とコラボした白門祭記念お菓子も開発し、開始早々で完売する大人気商品になりました。

京急電鉄賞

京急電鉄賞 東京海洋大学 品川キャンパス

東京海洋大学 品川キャンパス品川駅

第60回 海鷹祭 /雲鷹丸の満船飾、ライトアップ

実行委員による企画紹介 海鷹祭開催期間中に東京海洋大学で保有している国登録有形文化財の「東京水産大学雲鷹丸」の満船飾とライトアップを実施しました。満船飾とは、祝祭日・記念日・式典等に際して国際信号旗を掲揚することです。海鷹祭実行委員会は、海上安全工学研究室所属の武田先生ご指導のもと満船飾を行い、その様子をご来場の方にご覧いただきました。また、夜にはライトアップを行い、周辺地域の皆様にその美しい景観を楽しんでいただきました。

京成電鉄賞

京成電鉄賞 東京理科大学 葛飾キャンパス

東京理科大学 葛飾キャンパス京成金町駅

第7回 葛飾地区理大祭 /ライティング・コラボレーションかなまち

実行委員による企画紹介 本キャンパスの位置する金町と理大祭がコラボして様々なワークショップを開催しました。ライティング・コラボレーションかなまち実行委員会に属する地域の方々主催で、小学生達が竹にLEDを灯した竹あかりや光るクリスマスリースなどの作成を理科大生と一緒に行うという企画です。またここで作られた作品は12月に金町で開かれるふるさとクリスマスマーケットに展示されることになっており、さらに理大祭当日から金町全体にイルミネーションが灯り理大祭の夜を彩ってくれます。この取り組みでの作品は理大祭後も地域に残り続けることから、長期間に渡って金町と理大祭と子ども達を繋げて地域の活性化を目指す画期的な取り組みであるといえます。

西武鉄道賞

西武鉄道賞 日本大学芸術学部 江古田キャンパス

日本大学芸術学部 江古田キャンパス江古田駅

日芸祭2019 /「江古田謎解き街歩き」ほか

実行委員による企画紹介 「江古田謎解き街歩き」
昨年大盛況だった、「江古田謎解き街歩き」を今年も開催いたしました。江古田という街を知ってもらうため、キャンパス内に仕掛けられた謎を解きながら、江古田の街を歩いてもらう企画でした。

「江古田街歩きマップ」
「江古田街歩きマップ」は江古田の商店街の方々と協力をし、実際にそのお店に来店してくださった方にサービスを提供するシステムになっています。ここでも江古田の街を知っていただく機会になります。

「カレッジトライアングル」
江古田にある、「日本大学芸術学部」「武蔵大学」「武蔵野音楽大学」がコラボをして、各大学の学部さいで合同屋台を出店していました。毎年恒例の行事で、今年は「焼きそば」を販売いたしました。

東急電鉄賞

東急電鉄賞 国士舘大学 世田谷キャンパス

国士舘大学 世田谷キャンパス松陰神社前駅

楓門祭2019 /東急世田谷線50周年記念事業への参加 ほか

実行委員による企画紹介 1. 東急世田谷線50周年記念事業
4月から打ち合わせに参加し、5月には沿線全域で開催された大型企画「世田谷線フェス」、9月には車両を貸し切って行われた沿線に纏わる研究成果を発表する「POP UP UNIVERSITY」に参加。

2. 日本大学文理学部「桜麗祭」とのコラボ
昨年に引き続き、本年度もお互いの地域の方々を呼び込み、地域をさらに盛り上げようとコラボを行った。ビラ配布だけでなく、今回は互いの大学に相手校の学園祭をPRする特設ブースを設置。

3. 田中ゼミ
田中ゼミは世田谷・若林地域活性化に取り組んでおり、「POP UP UNIVERSITY」に参加し、世田谷区の子供たちの孤食問題とNPO団体「みんなのジッカ」と共に取り組んでいる活動や現状の課題と解決策を発表した。

東武鉄道賞

東武鉄道賞 獨協大学

獨協大学獨協大学前<草加松原>駅

第55回 雄飛祭 /ふささら祭り、ドイツフェアとのコラボレーション企画

実行委員による企画紹介 ふささら祭りは草加市内でのお祭りで、ドイツフェアは駅前でドイツ料理を販売するなどのお祭りです。それらに付随し、獨協大学の学生がふささら祭りでお手伝いやフラメンコを披露したり、ドイツフェアでは管弦楽部の演奏やジャグリングサークルが発表するなどと地域で同日開催されるお祭りと本大学とコラボレーションし、盛り上げ、今年度は例年以上に動員数を増やすことができました。

ページTOPに戻る

beyond2020認定プログラム 学園祭グランプリは、beyond2020 プログラム認証事業です。
beyond2020プログラムは、多様性や国際性に配慮した文化活動・事業を政府が認証し、日本文化の魅力を国内外に発信する取り組みです。