学園祭グランプリ2019 受賞校の発表!

東京のおでかけ情報サイト「レッツエンジョイ東京」を運営する株式会社レッツエンジョイ東京(東京都千代田区、代表取締役社長:外谷敬之)は、株式会社ぐるなびの委託を受け、東京地下鉄株式会社の協力のもと、2019年12月21日(土)に、首都圏の学園祭No.1を決めるコンテスト「学園祭グランプリ2019」の最終審査会を開催しました。
出場した全141キャンパスの中で最高得点を獲得した、立教大学 池袋キャンパス「The 35th St. Paul's Festival」を”MVP”に選出し、表彰状および副賞を授与しました。
また、「パフォーマンス賞」「海外発信賞」「装飾賞」など、6つの「特別賞」の受賞キャンパスを発表。さらに、私鉄8社と協力し、各私鉄の沿線にあるキャンパスの中で、地域活性化において特に優秀な取り組みを行ったキャンパスを「電鉄賞」として表彰しました。
グランプリの総合TOP10は、「地域活性化」「国際交流」「大学独自」の3つの取り組みを審査ポイントとして、現役の学園祭実行委員の大学生らを中心に、書類審査やプレゼン審査を経て決定しました。

総合 TOP10

総合1位 MVP

立教大学 池袋キャンパス
The 35th St. Paul's Festival /Re:Action

  • MVP 立教大学 池袋キャンパス

    ラリーカード

  • MVP 立教大学 池袋キャンパス

    英語版WEB

  • MVP 立教大学 池袋キャンパス

    SPF×CIYのWEBデザイン

評価理由 学園祭の総合テーマ『GAME』に基づいて、装飾や個々の企画に統一性を持たせることはもちろん、診断メーカー企業とのコラボでRPGの世界観を演出するなど、テーマ設定の一歩先の工夫が驚きと共に極めて高い評価を受けた。地域活性化においても、「冒険ラリー」と称してRPGのマップを模したデザインのスタンプラリー企画を制作。テーマ性だけでなく、サンシャインなど大手施設を巻き込んだ企画のスケールと行動力も高い評価を受け、見事MVPの栄冠を獲得した。

総合2位

東京外国語大学 府中キャンパス
第97回 外語祭 /あなたの非日常、世界の日常

  • 総合2位 東京外国語大学 府中キャンパス

    府中ワールドフェスティバルの様子

  • 総合2位 東京外国語大学 府中キャンパス

    日本料理を振舞った留学生たち

  • 総合2位 東京外国語大学 府中キャンパス

    アルコールパスポートを巻いている様子

評価理由 ネイティブの徹底指導のもと行われる「外国語劇」や、言語を学んでいる国の料理を1年生が作る「料理店」、学園祭のホームページを4言語で制作するなど、世界の言語・文化を研究する外語大の学園祭にふさわしい企画が集まっている点が極めて高く評価された。2019年度は、のべ約200人の留学生が参加。堂々の第2位に輝いた。

総合3位

お茶の水女子大学
第70回 徽音祭 /白珪70(なお)磨くべし

  • 総合3位 お茶の水女子大学

    縁日の様子

  • 総合3位 お茶の水女子大学

    国際交流ルームの様子

  • 総合3位 お茶の水女子大学

    キャラクター大集合!の様子

評価理由 食物学科の伝統企画「ときわじるこ」や、学園祭のキャラクター「きいちゃん」が活躍する企画など、大学の個性を発揮した内容にコメントが多く寄せられた。加えて、パンフレットの多言語化や、留学生による飲食ブースでの「言語の壁を越えた交流」など、国際交流への多角的な取り組みも高い評価を得て、第3位入賞を果たした。

総合4位

早稲田大学 西早稲田キャンパス
第66回 理工展 /ピース

  • 総合4位 早稲田大学 西早稲田キャンパス

    子供向け実験教室の様子

  • 総合4位 早稲田大学 西早稲田キャンパス

    外国人の方を対応している様子

  • 総合4位 早稲田大学 西早稲田キャンパス

    粉塵爆発実験の様子

評価理由 「理工展」の名にふさわしく、「粉塵爆発」「原子力発電の模型」「AR技術導入の公式アプリ」など、学術研究の成果を存分に生かした個性的な企画が決め手になり、高得点を獲得。さらに、男子チアリーディングやよさこいチーム「東京花火」による華やかな演武など、エンターテインメント性の高いパフォーマンスにも注目が集まった。

総合5位

早稲田大学 早稲田キャンパス・戸山キャンパス
早稲田祭 2019 /“いまを時めく者たちへ”

  • 総合5位 早稲田大学 早稲田キャンパス・戸山キャンパス

    パレードの様子

  • 総合5位 早稲田大学 早稲田キャンパス・戸山キャンパス

    留学生音楽カフェ企画の様子

  • 総合5位 早稲田大学 早稲田キャンパス・戸山キャンパス

    10号館前ステージ様子

評価理由 名門男子チアリーディングのパフォーマンスをはじめ、新設のアリーナを含む5つのステージでのステージ企画と圧倒的な集客力が高く評価された。また、留学生と来場者が音楽を通して言語を越えて交流できる「留学生音楽カフェ」は、その独自性が注目された。さらに、「ワセメシ」と称した地域の飲食店を回遊するスタンプラリー企画など、地域連携の取り組みへの積極性も評価された。

総合6位

総合6位 文教大学 越谷キャンパス

文教大学 越谷キャンパス
第52回 藍蓼祭 /DASH!!!

評価理由 学園祭最終日のフィナーレを飾る圧巻の「レーザーショー」の華やかさとクオリティが極めて高い評価を得た。その一方で、国際交流の取り組みとして25年間に渡って開催を続けてきた教室企画「世界の教科書展」は、企画の独自性に加えてその伝統と歴史にも注目が集まり、上位入賞の決め手になった。

総合7位

総合7位 国際基督教大学 (ICU)

国際基督教大学 (ICU)
第60回 ICU祭 /Eureka!(ユリーカ)

評価理由 『大人から子どもまで楽しめる学園祭』をコンセプトに、子供向けの企画に特に力を入れた学園祭。謎解きや読み聞かせといった定番企画もある中、実行委員が手作りしたクオリティの高い遊具にも注目が集まった。さらに、近隣の飲食店とコラボしたスタンプラリーなど、学内外を横断した企画も高く評価された。

総合8位

総合8位 東京理科大学 葛飾キャンパス

東京理科大学 葛飾キャンパス
第7回 葛飾地区理大祭 /宝箱

評価理由 VR体験・プラネタリウム・科学実験など、理科系大学の特性を存分に発揮した大型企画を複数展開していた点が高く評価された。さらに、ただ個性を発揮して尖るのではなく、子供たちが参加できるワークショップを開催するなど、地域との連携もとれているバランスのよさも評価のポイントになった。

総合9位

総合9位 東京農業大学 世田谷キャンパス

東京農業大学 世田谷キャンパス
創立128年 東京農業大学収穫祭 /農の未来を切り拓く

評価理由 農業大学という特色を最大限に活かした独自性の高い企画に注目が集まった。中でも、学園祭の宣伝を兼ねた商店街でのパレードや、大根をチャリティー配布して被災地支援を行う取り組みなど、地域との結びつきや助け合いの精神を大切にするまっすぐなコンセプトへの共感と評価が上位入賞につながった。

総合10位

総合10位 芝浦工業大学 豊洲キャンパス

芝浦工業大学 豊洲キャンパス
第47回 芝浦祭 /宇宙博覧会

評価理由 「宇宙博覧会」をモチーフに、教室企画や学内の装飾、Webやパンフレットなどの制作物まで、一貫したテーマ性による作りこみに、高い評価が集まった。 人工衛星やステンドグラス、ゲートなどの制作物のクオリティ、「宇宙人も来場できるように」というメッセージを込めた看板など、遊び心をきかせたディテールも高評価のポイントになった。

ページTOPに戻る

特別賞

パフォーマンス賞

パフォーマンス賞 日本大学芸術学部 江古田キャンパス

日本大学芸術学部 江古田キャンパス
日芸祭2019 /「ストリートピアノ」

実行委員による企画紹介 芸術における苦しみの先にある僕らの表現を見ていただく今回の日芸祭において、来場してくださったお客さんも一人のアーティストになってもらいたいという思いから、誰でも弾けるストリートピアノを設置しました。当日は、多くの方々に演奏をしていただき大盛況でした。

広報PR賞

広報PR賞 青山学院大学 青山キャンパス

青山学院大学 青山キャンパス
青山祭2019 /Aoyama Collection, Epilogue Ceremony

実行委員による企画紹介 Aoyama Collectionでは大学構内でスカウトした青学生や青学の団体と共に、「おしゃれな青山祭」を体現するショーステージを完成させました。Epilogue Ceremonyでは青学生が一体となる感動的なステージを目指しました。青学を代表する団体がここでしか見られないコラボパフォーマンスをし、青山祭を締めくくるステージをお届けしました。

学術研究賞

学術研究賞 東京海洋大学 品川キャンパス

東京海洋大学 品川キャンパス
第60回 海鷹祭 /「クロマグロの解体実演」

実行委員による企画紹介 海鷹祭は、海洋大ならではの企画が盛り沢山です。例えば、シーフードを中心とした模擬店や、プールを利用した釣り堀、水棲生物の展示や研究発表、さかなクンのトークショーなど海や魚に関係する様々な企画が詰まっています。中でもご紹介したいのは「クロマグロの解体実演」です。丸々一本のクロマグロをOB様のご協力でAJDtuna様から頂戴し、マルニ水産様ご協力のもと、一部委員も参加しながら解体を行います。ご来場の方は皆様、普段目にすることのない光景に目を輝かせます。解体されたマグロはそのままブツとして販売され、来場者から高い人気を誇っています。ブツに使えない部分はあら汁として使われ、マグロの全てを食べられます。

装飾賞

装飾賞 工学院大学 新宿キャンパス

工学院大学 新宿キャンパス
第70回 新宿祭 /JUNGLE

実行委員による企画紹介 今年の装飾テーマは3日間限定のJUNGLEの世界観。今年度は昨年よりもパワーアップした、10,000を超える装飾でJUNGLEを作り上げました。
一つ一つが委員の手作りで、今年度は、招致したゲストの方々にステージ上で話題に出していただくなど大変賞賛を受けた。

留学生賞

留学生賞 開智国際大学

開智国際大学
第20回 柏学祭 /ベトナム・ネパールのスポーツ大会

実行委員による企画紹介 本大学は、「国際大学」ということで、多くの留学生がいます。その中でも多いのが、ベトナム・ネパール人です。その、ベトナム・ネパール人の方々が自分たちの国のスポーツを来場者と一緒になって行うという企画になっています。この企画では、”ネパールとベトナムの色”が感じられる企画となっています。

海外発信賞

海外発信賞 上智大学 四谷キャンパス

上智大学 四谷キャンパス
第73回 ソフィア祭 /東ティモールでの日本語の授業

実行委員による企画紹介 上智大学では多くの国際交流サークルが存在し、ソフィア祭で模擬店やステージ上でのパフォーマンスを行いました。その中の一つ、学生NGO HaLuzは東ティモールと日本の架け橋となるを理念として総勢25名で活動をしています。彼らは春夏の年二回の東ティモール渡航を通して、ボランティアや東ティモールから日本に渡る留学生の手厚いサポートまで多岐に渡る活動を行なっています。ソフィア祭では数多くのお客様に東ティモールの文化を知っていただくために、べべアロガンテやタイスのコースターなどの伝統工芸品の出展や東ティモール産コーヒーの試飲などが準備されました。

ページTOPに戻る

beyond2020認定プログラム 学園祭グランプリは、beyond2020 プログラム認証事業です。
beyond2020プログラムは、多様性や国際性に配慮した文化活動・事業を政府が認証し、日本文化の魅力を国内外に発信する取り組みです。