河鍋暁斎 ―躍動する絵本

  • 2021/10/29(金) ~ 2021/12/19(日)
  • 太田記念美術館
  • 明治神宮前〈原宿〉駅
  • ▲)河鍋暁斎『狂斎画譜』(後期)

  • ▲)河鍋暁斎『暁斎百鬼画談』(前期)

  • ▲河鍋暁斎『暁斎画談 外篇』巻之上(後期)

  • ▲河鍋暁斎『暁斎漫画』(後期)

  • ▲河鍋暁斎『暁斎鈍画』(前期)

  • ▲河鍋暁斎『暁斎百鬼画談』(後期)

  • ▲河鍋暁斎『暁斎漫画』(後期)

  • ▲河鍋暁斎『暁斎鈍画』(後期)

  • ▲河鍋暁斎『狂斎画譜』(前期)

  • ▲河鍋暁斎『暁斎漫画』(後期)

  • ▲河鍋暁斎『暁斎鈍画』(後期)

総展示数420ページ越え!河鍋暁斎の躍動感あふれる「絵本」代表作を全ページ展示。

幕末から明治にかけて、狩野派でありながら浮世絵も数多く描いた絵師、河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい 1831~1889)。近年特に注目を集めており、全国各地の美術館で展覧会が開催され、さまざまな肉筆画や版画が紹介されています。しかしながら、暁斎の絵を一冊の本にまとめて出版した「絵本」というジャンルは、これまでほとんど注目されてきませんでした。
暁斎は葛飾北斎の『北斎漫画』を超えるほどの躍動感ある筆づかいで、『暁斎漫画』や『暁斎鈍画』、『暁斎酔画』など、数多くの絵本を刊行しましたが、冊子状である絵本は展示しづらいこともあり、これまでその一部しか紹介されていません。

本展では、暁斎の絵本のみを取り上げ、人物や動物、妖怪などを躍動感あふれる筆づかいで描いた暁斎の絵本を大量に展示することで、「画鬼」と称された暁斎の知られざる神髄に迫ります。

展示されるのは『暁斎漫画』『暁斎鈍画』『暁斎酔画』『暁斎百鬼画談』など、暁斎絵本の代表作全ページ(※前期と後期で全頁展示替え)。総展示数420ページ越えという膨大な量で、尽きることのない暁斎のパワーとイマジネーションに圧倒されることでしょう。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    太田記念美術館
    明治神宮前〈原宿〉駅

  • 所在地

    〒150-0001

    東京都渋谷区神宮前1-10-10

  • 開催期間

    2021/10/29(金) ~ 2021/12/19(日)

  • 時間

    開始 10:30 / 終了 17:30
    入館17:00まで

  • 料金・費用

    一般800円、大高生600円、中学生以下無料

  • 問い合わせ

    ハローダイヤル
    050-5541-8600

  • 公式サイト

    太田記念美術館

  • 備考

    休館日:月曜日、11/24~26(展示替えのため)

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました