熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。

  • 2024/04/16(火) ~ 2024/06/30(日) 休館日:毎週月曜日(祝日問わず)
    ※会期前後に臨時休館あり  
  • 豊島区立 熊谷守一美術館
  • 要町駅
    池袋
    展示・展覧会
  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_1

  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_2

  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_3

    「伊豆堂ヶ島」1939(昭和14)年 板・油彩 熊谷守一つけち記念館蔵

  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_4

    「海の図」 1958(昭和33)年 板・油彩 熊谷守一つけち記念館蔵

  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_5

    「開田村」1962(昭和37)年 板・油彩 熊谷守一つけち記念館蔵

  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_6

    「湖畔山羊」1950(昭和25)年 板・油彩 熊谷守一つけち記念館蔵

  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_7

    「御嶽」1953(昭和28)年 板・油彩 熊谷守一つけち記念館蔵

  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_8

    「山道」1961(昭和36)年 板・油彩 熊谷守一つけち記念館蔵

  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_9

    「秋元湖」1957(昭和32)年 板・油彩 熊谷守一つけち記念館蔵

  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_10

    「仁右衛門島」1951(昭和26)年 板・油彩 熊谷守一つけち記念館蔵

  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_11

    「朝の富士」1957(昭和32)年 板・油彩 熊谷守一つけち記念館蔵

  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_12

    「風景(蓼科高原大池)」1948(昭和23)年頃 板・油彩 熊谷守一つけち記念館蔵

  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_13

    熊谷守一ポートレート / 撮影年不詳 / 豊島区立 熊谷守一美術館

  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_14

  • 熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。_15

各地で所蔵されている熊谷守一作品が展示される特別企画展が開催されます。

本展は、各地で所蔵されている熊谷守一作品が観られる機会として、毎年の開館記念日(5月28日)に合わせ開催している特別企画展となります。本展では、熊谷守一の故郷、岐阜県中津川市付知町の「熊谷守一つけち記念館」から油彩作品19点/関連資料1点の計20点を借り、守一と「旅」をテーマに、当館所蔵・寄託作品とあわせて展示されます。

熊谷守一はその晩年、自宅と庭からほとんど外出せずに作品を制作し、植物や虫など、ごく身近なモチーフを描いたことで知られています。しかし実は守一は、70歳を超える頃まで日本の様々な土地へ旅をし、各地で出会った風景を題材に作品を描いています。

東京美術学校在学時には夏休みを利用して徒歩でのスケッチ旅行に出かけ、卒業後には樺太調査団の絵描きとして樺太の風物の写生を仕事とした時期もありました。昭和初期、二科技塾で指導していた頃には、塾生とともに写生旅行に出かけることもしばしばあり、戦後もそういった仲間と共にスケッチの旅に出かけています。そして76歳の春、脳卒中の発作を起こし自宅に籠もるようになりましたが、その後もかつての旅先の風景を描いたスケッチや作品をもとに再制作を重ねています。長い画業のなかで、熊谷守一作品の創作の源泉となり続けた旅先での風景。そんな熊谷守一と「旅」をめぐる作品が紹介されます。この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

◆展示作品 計約100点
熊谷守一つけち記念館所蔵 熊谷守一作品20点(油彩19点、関連資料1点)、豊島区立 熊谷守一美術館所蔵作品 約80点

◆学芸員によるギャラリートーク
2024/06/08(土) 11:00~(30分程度)
※申込不要。特別展チケットが必要となります。
※時間になりましたら、受付前にご集合ください。

※内容の詳細は公式サイトをご確認ください。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    豊島区立 熊谷守一美術館
    要町駅 / 千川駅 / 椎名町駅

  • 所在地

    〒171-0044

    東京都豊島区 千早2-27-6

  • 開催期間

    2024/04/16(火) ~ 2024/06/30(日)
    休館日:毎週月曜日(祝日問わず)
    ※会期前後に臨時休館あり  

  • 時間

    開始 10:30 / 終了 17:30
    最終入館:閉館の30分前まで

  • 料金・費用

    観覧料 一般700円(15人以上団体630円)、高・大学生300円、小・中学生100円、小学生未満無料
    ※障害者等手帳ご提示の方は100円(介助の方1名無料) 
    ※豊島区在勤・在住の証明をご提示の一般の方は600円でご覧いただけます

  • 公式サイト

    http://kumagai-morikazu.jp/

※新型コロナウイルスやその他諸状況により、掲載内容が変更となっている場合があります。会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

お気に入りに保存しました

お気に入りから削除しました

お気に入りの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました