※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

文化庁メディア芸術祭25周年企画展

  • 2023/02/04(土) ~ 2023/02/14(火)
  • 寺田倉庫 B&C HALL
  • 天王洲アイル駅
  • ▲『KAGE-table』plaplax (C)plaplax『KAGE-table』

  • ▲『バガボンド』井上 雄彦/原作:吉川 英治 (C)I.T. Planning, Inc 『バガボンド』

  • ▲『頭山』山村 浩二 (C)Koji Yamamura/Yamamura Animation, Inc『頭山』

  • ▲『つみきのいえ』加藤 久仁生 (C)ROBOT『つみきのいえ』

  • ▲『Braun Tube Jazz Band』和田 永 (C)Ei Wada『Braun Tube Jazz Band』

  • ▲『10番目の感傷(点・線・面)』クワクボリョウタ (C)2010 Ryota Kuwakubo photo KIOKU Keizo/photo courtesy:NTT InterCommunication Center [ICC]『10 番目の感傷(点・線・面)』

  • ▲『あの日からのマンガ』しりあがり 寿 (C)SHIRIAGARI Kotobuki/enterbrain『あの日からのマンガ』

  • ▲『(不)可能な子供、01:朝子とモリガの場合』長谷川 愛 (C)Ai Hasegawa『(不)可能な子供、01:朝子とモリガの場合』

  • ▲『人喰いの大鷲トリコ』、『人喰いの大鷲トリコ』開発チーム(代表:上田 文人)(C)Ai Hasegawa『(不)可能な子供、01:朝子とモリガの場合』

  • ▲『discrete figures』真鍋 大度/石橋 素/MIKIKO/ELEVENPLAY(C)Photo:Yoshikazu Inoue『discrete figures』

  • ▲『datum』平川 紀道(C)『datum』

  • ▲ 『The Fourth Wall』Mahboobeh KALAEE(C)『The Fourth Wall』

「文化庁メディア芸術祭25周年企画展」が東京・天王洲の寺田倉庫 B&C HALL / E HALL で開催されます。

文化庁メディア芸術祭の25周年の節目に開催する本展では、歴代受賞作品の中から社会やテクノロジーの変化、メディア芸術の表現の多様性を感じられる作品群の展示を行い、文化庁メディア芸術祭の25年の歩みを振り返り。
同会場では、令和4年度メディア芸術クリエイター育成支援事業に採択された7組の新進気鋭のメディア芸術クリエイターによる新作プロジェクトと、海外に派遣された次世代の文化プロデューサーの活動報告を行う成果プレゼンテーション「ENCOUNTERS」も同時開催されます。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    寺田倉庫 B&C HALL
    天王洲アイル駅
    寺田倉庫 E HALL
    天王洲アイル駅

  • 会場

    寺田倉庫 B&C HALL / E HALL

  • 開催期間

    2023/02/04(土) ~ 2023/02/14(火)

  • 時間


    日曜日~木曜日11:00~19:00
    金曜日・土曜日11:00~20:00

  • 料金・費用

    入場無料

  • 主催・共催・協力

    主催:文化庁

  • 公式サイト

    25周年企画展

  • その他URL

    Facebook Instagram Twitter

  • 備考

    ※2月7日(火)休館

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました