※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

マティス展

  • 2023/04/27(木) ~ 2023/08/20(日)
  • 東京都美術館
  • 上野駅
    7分
  • 《豪奢、静寂、逸楽》

  • 《金魚鉢のある室内》

  • 《赤いキュロットのオダリスク》

  • 《マグノリアのある静物》

  • 《赤の大きな室内》

約20年ぶりの開催!20世紀芸術の巨匠アンリ・マティスの大回顧展。

20世紀を代表するフランスの巨匠、アンリ・マティス(1869–1954年)。
純粋な色彩による絵画様式である“フォーヴィスム”(野獣派)を生みだし、モダン・アートの誕生に決定的な役割を果たした彼は、84歳で亡くなるまでの生涯を、感覚に直接訴えかけるような鮮やかな色彩と光の探求に捧げました。彼が残した仕事は、今なお色あせることなく私たちを魅了し、後世の芸術家たちにも大きな影響を与え続けています。

世界最大規模のマティス・コレクションを所蔵するポンピドゥー・センターの全面的な協力を得て開催される本展は、日本では約20年ぶりの大規模な回顧展です。
絵画に加えて、彫刻、ドローイング、版画、切り紙絵、晩年の最大の傑作であり、マティス自身がその生涯の創作の集大成とみなした南仏ヴァンスのロザリオ礼拝堂に関する資料まで、各時代の代表的な作品によって多角的にその仕事を紹介しながら、豊かな光と色に満ちた巨匠の造形的な冒険を辿ります。

“フォーヴィスム”の夜明けとなった、マティス初期の傑作《豪奢、静寂、逸楽》が日本初公開となるのも見どころのひとつです。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    東京都美術館
    上野駅(徒歩7分)

  • 所在地

    〒110-0007

    東京都台東区 上野公園8-36

  • 会場

    東京都美術館 企画展示室

  • 開催期間

    2023/04/27(木) ~ 2023/08/20(日)

  • 時間

    開始 9:30 / 終了 17:30
    金曜日は20:00まで
    ※入室は閉室の30分前まで

  • 主催・共催・協力

    ■主催
    公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、 ポンピドゥー・センター、 朝日新聞社、NHK、 NHKプロモーション

    ■後援
    在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

    ■特別協賛
    大和証券グループ

    ■協賛
    ダイキン工業、 大和ハウス工業、 NISSHA

    ■協力
    日本航空

  • 問い合わせ

    ハローダイヤル
    050-5541-8600

  • 公式サイト

    展覧会公式サイト 展覧会公式twitter

  • 備考

    〈休室日〉月曜日、7月18日(火)
    ※ただし、5月1日(月)、7月17日(月・祝)、8月14日(月)は開室

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました