※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

美しい人びと 松園からローランサンまで

  • 2023/02/21(火) ~ 2023/06/04(日)
  • 松岡美術館
  • 白金台駅
  • 上村松園《春宵》 1936 (昭和11)年 前期展示

  • 下村観山《山寺の春》 1915(大正4)年 二幅対

  • 大山忠作《辨慶(市川団十郎)》 1985(昭和60)年 第17回日展

  • 蹄斎北馬《三都美人図》江戸時代 三幅対 後期展示

  • 菊池契月《寛永麗人》 1936(昭和11)年頃 前期展示

  • 上村松園《藤娘之図》 明治末頃 後期展示 

  • 松室加世子《燭光》 1985(昭和60)年 再興第70回院展

  • 池田輝方《紅葉狩》 1912(明治45)年頃 六曲一双屏風 左隻 後期展示

  • 池田蕉園《桜舟》 1912(明治45)年頃 六曲一双屏風 右隻 後期展示

  • モーリス・ドニ 《赤い寝椅子に横たわる裸婦》 1898年頃

  • マリー・ローランサン 《若い女》 1937年

本展では、上村松園の格調高い美人画をはじめ、鏑木清方、下村観山、伊東深水、さらにフランスのローランサン、ヴァン・ドンゲンらの女性像や男性像など、年齢や性別にとらわれない美しい人びとを描いた作品をお楽しみいただけます。

「美人画」という言葉が一般的になったのは明治期以降ですが、日本では古来より美しい女性の姿が描かれてきました。一方、物語の登場人物として人気の高い在原業平や光源氏など魅力的な男性の姿も絵画や工芸などにあらわされてきました。
上村松園、伊藤小坡、鏑木清方、伊東深水ら人気の高い「美人画家」たちの作品とともに、下村観山、吉川霊華らによる男性像や、ローランサン、ドニ、ヴァン・ドンゲン、ペルジーニなどの西洋絵画も紹介します。性別・年齢にとらわれない東西の美しい人びとをご覧ください。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    松岡美術館
    白金台駅 / 目黒駅

  • 所在地

    〒108-0071

    東京都港区 白金台5-12-6

  • 会場

    松岡美術館

    <定休日>
    毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始

  • 開催期間

    2023/02/21(火) ~ 2023/06/04(日)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 17:00
    入館は16:30まで
    毎月第1金曜日 10:00~19:00(入館は18:30まで)

  • 料金・費用

    一般 1,200 円/25歳以下 500円
    高校生以下、障がい者手帳をお持ちの方無料

  • 公式サイト

    松岡美術館 公式サイト

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました