※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

挾土秀平 「土に降る」

  • 2023/01/21(土) ~ 2023/02/14(火)
  • 寺田倉庫G3-6F
  • 天王洲アイル駅
  • 〈展示作品〉作品名:「台風一過の晴天」 Photo:ToLoLo studio

  • 〈展示作品〉作品名:「シルクロード」 Photo:ToLoLo studio

  • 挾土秀平氏 (C)今井卓

  • 〈主な代表作〉NHK大河ドラマ「真田丸」の題字・タイトルバック

  • 〈主な代表作〉羽田空港国際線JAL ファーストクラスラウンジ 「雲上の夜明け」

NHK大河ドラマ「真田丸」の題字やホテルエントランスなどを手掛ける稀代の左官職人・挾土秀平氏の特別展覧会。

日本の伝統的な技術である左官に注目し、「土」「水」「光」といった自然とつながる美意識を倉庫の空間全体で表現します。今回のために制作した新作のほか、500平方メートルの倉庫の床を「土」で覆った独自の世界観を通じて、進化を続ける挾土秀平氏のいまを体験できる展覧会です。

【みどころ】
・「土」が敷き詰められた500平方メートルの倉庫に大型作品が浮かび上がる独自の世界観を感じる展示空間。
・挾土氏が本展のために挑戦した大型のステンシル作品を含む渾身の新作3点を公開。

【挾土秀平(はさどしゅうへい)氏 プロフィール】
職人社秀平組代表。1962年、左官職人の2代目として岐阜県高山市に生まれる。
熊本、名古屋などで修行。1983年には技能五輪全国大会左官部門優勝。
2001年「職人社秀平組」を設立。土・砂・石灰・藁など、自然素材の質感や色を活かし、ストーリーのある壁を制作。
ザ・ペニンシュラホテル東京、アマン東京、羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジ、馬事公苑などのほか、NHK大河ドラマ「真田丸」の題字・タイトルバックも手がけた。土を用いたアート作品も制作する。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    寺田倉庫G3-6F
    天王洲アイル駅

  • 所在地

    東京都品川区 東品川2-6-10

  • 開催期間

    2023/01/21(土) ~ 2023/02/14(火)

  • 時間

    開始 12:30 / 終了 17:30
    (最終入館17:00)

  • 主催・共催・協力

    主催:企画フェノミナ(職人社秀平組)、寺田倉庫株式会社
    協力:近藤以久恵、津賀洋輔
    グラフィック:関川航平

  • 公式サイト

    https://www.terrada.co.jp/ja/news/hasado-exhibition

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました