※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

イヴ・サンローラン展

  • 2023/09/20(水) ~ 2023/12/11(月)
  • 国立新美術館
  • 乃木坂駅

世界のファッションシーンをリードし続けた「イヴ・サンローラン」没後日本初の大回顧展。

1958年にクリスチャン・ディオールの急死をうけ、「クリスチャン・ディオール(DIOR)」のデザイナーとして鮮烈なデビューを飾ったイヴ・サンローラン。
1962年に自身のブランド「イヴ・サンローラン」を発表してから2002年に引退するまで、約半世紀にわたり女性の装いに変革を起こし、世界のファッションシーンをリードし続けてきました。本展はイヴ・サンローラン美術館パリによる全面協力を得て、日本で初めて開催される回顧展です。

多様な文化や歴史から刺激を受けながら普遍的なスタイルを提案し続けたイヴ・サンローランのクリエイションが生み出す豪華絢爛な美の世界を堪能できます。

●ピエール・ベルジェ・イヴ・サンローラン財団のマディソン・コックス理事長よりメッセージ
イヴ・サンローランは現役のデザイナーで初めて1983年にニューヨーク・メトロポリタン美術館で展覧会が行われたことで知られています。
また、没後の大型の回顧展は2010年にパリ市立プティ・パレ美術館で行われ、世界中から注目を集めました。来年、イヴ・サンローラン本人が大好きだった日本の地で、アジア初の大回顧展を開催できることはこの上ない喜びです。
本展では、テキスタイル作品110点のほか、イヴ・サンローラン自身が描いたグラフィック作品124点、写真作品30点、ジュエリー55点が展示される予定です。本展を通じて、ぜひ日本の皆さまにもイヴ・サンローランの卓越した技術力や人となりを感じていただけたら嬉しく思います。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    国立新美術館
    乃木坂駅 / 六本木駅

  • 所在地

    〒106-8558

    東京都港区六本木 7-22-2

  • 会場

    国立新美術館 企画展示室1E

  • 開催期間

    2023/09/20(水) ~ 2023/12/11(月)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 18:00
    ※毎週金・土曜日は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで

  • 料金・費用

    決定次第、展覧会HPでお知らせがあります。

  • 主催・共催・協力

    【主 催】 国立新美術館、産経新聞社、TBS、ソニー・ミュージックエンタテインメント
    【特別協力】 イヴ・サンローラン美術館パリ
    【特別協賛】 SAINT LAURENT
    【後 援】 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、BS-TBS、TBSラジオ
    【協 賛】 野崎印刷紙業
    【協 力】 Ueki & Associes

  • 問い合わせ

    050-5541-8600
    備考:(ハローダイヤル)

  • 公式サイト

    https://ysl2023.jp

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました