※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

憧憬の地 ブルターニュ ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

  • 2023/03/18(土) ~ 2023/06/11(日)
  • 国立西洋美術館
  • 上野駅
    1分
  • クロード・モネ 《ポール=ドモワの洞窟》 1886年 油彩/カンヴァス 茨城県近代美術館

  • ポール・セリュジエ 《ブルターニュのアンヌ女公への礼賛》 1922年 油彩/カンヴァス ヤマザキマザック美術館

日仏の近代画家たちがとらえた「ブルターニュ」を紹介する初の展覧会が国立西洋美術館で開催されます。

フランス北西端のブルターニュ地方は、19世紀後半から20世紀にかけ、各国の画家たちが多くの作品に描きとめた場所です。本展では国立西洋美術館の「松方コレクション」をはじめ、国内美術館や個人コレクションおよそ30か所からブルターニュを表した作品約160点を選りすぐり、それぞれの画家たちがこの地に何を求め、見出したのかを探ります。さらに、同じころブルターニュを訪れた日本の画家たちにも注目する初の展覧会です。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    国立西洋美術館
    上野駅(徒歩1分)

  • 所在地

    〒110-0007

    東京都台東区 上野公園 7-7

  • 会場

    国立西洋美術館(東京・上野公園)

  • 開催期間

    2023/03/18(土) ~ 2023/06/11(日)

  • 主催・共催・協力

    主催:国立西洋美術館、TBS
    協賛:大和ハウス工業、DNP大日本印刷
    協力:西洋美術振興財団

  • 公式サイト

    憧憬の地 ブルターニュ ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました