※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

活字 近代日本を支えた小さな巨人たち

  • 2022/12/10(土) ~ 2023/02/26(日)
  • 横浜市歴史博物館
  • センター北駅
  • 「主の祈り」1805年/横浜市歴史博物館所蔵 小宮山博史文庫

  • ロンドン伝道会の印刷技師、リチャード・コールが作成した活字(13.5ポイント)右から私・纂・種/鈴木広光氏所蔵

  • 築地活版製造所製の印刷機(ハンドプレス)/ミズノプリンティングミュージアム所蔵

漢字活字の誕生と日本への伝来、その後の発展の歴史をたどり、デジタルフォントに囲まれた現在の文字文化の原点を探る。

金属活字、写植書体やデジタルフォントなど、文字を同一の字形で繰り返し表現するものを「活字」といいます。

1400年代半ば、ドイツ出身のグーテンベルクにより始められたといわれる活版印刷術と活字鋳造術は、1869年(明治2年)に上海から長崎に伝来し、その翌年には早くも横浜に伝わりました。活字と印刷術の伝来により、印刷される文字数と印刷部数は、格段に増加しました。そして活版印刷術の伝来以降、日本語の活字は、多くの職人や書体設計士の手により改良が加えられ、現在に至っています。

本展示では、漢字活字の誕生、活字と印刷術の日本への伝来、そしてその後の発展の歴史をたどります。デジタルフォントに囲まれた現在の文字文化の原点を探り、身近にある活字の世界を振り返る展示です。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    横浜市歴史博物館
    センター北駅

  • 所在地

    〒224-0003

    神奈川県横浜市 都筑区中川中央1-18-1

  • 会場

    横浜市歴史博物館 企画展示室

  • 開催期間

    2022/12/10(土) ~ 2023/02/26(日)

  • 時間

    開始 9:00 / 終了 17:00
    (券売は16時30分まで)

  • 料金・費用

    一般1,000円、高校・大学生700円、小・中学生・横浜市内在住65歳以上500円(企画展のみ)

  • 主催・共催・協力

    【主催】(公財)横浜市ふるさと歴史財団
    【共催】 横浜市教育委員会
    【協力】 ミズノプリンティングミュージアム

  • 公式サイト

    https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/koudou/see/kikakuten/2022/katsuzi

  • 備考

    休館日:月曜日(ただし1月9日は開館)、12月28日(水)~1月4日(水)、1月10日(火)

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました