※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」

  • 2022/07/16(土) ~ 2022/10/10(月・祝)
  • 国立科学博物館
  • 上野駅
  • ▲特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」

  • ▲<チベットケサイ 生体復元モデル>※本写真の骨格は製作段階のもので、完成版とは形状が異なります。

  • ▲<アンドリューサルクス 頭骨>

  • ▲<プロトケラトプス 全身骨格>

  • ▲<バクトロサウルス 全身骨格> 所蔵:福井県立恐竜博物館

  • ▲<恐竜の卵> 所蔵:群馬県立自然史博物館

  • ▲<シノルニトイデス 産状骨格> 所蔵:福井県立恐竜博物館

貴重な化石を発掘・研究する「化石ハンター」に注目!世界初公開となるチベットケサイの全身骨格復元標本と生体復元モデルの展示も。

国立科学博物館では、ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年を記念して特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」を開催。
「化石ハンター」とは、探究心に富み、抜群の行動力で貴重な化石を発掘・研究する挑戦者のことです。本展覧会では、ロイ・チャップマン・アンドリュースをはじめとする化石ハンターに注目し、この100年の間に「中央アジア」で発見された最新の研究成果について、恐竜や史上最大の大型哺乳類などの標本を含めた貴重な資料を通して紹介します。

また、氷河時代の大型哺乳類の放散・進化を示す「アウト・オブ・チベット」説を、世界初公開となる、チベットケサイの全身骨格復元標本と生体復元モデルの展示とともに解説。化石ハンターをテーマに新たな知的冒険の旅に誘う科学展覧会です。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    国立科学博物館
    上野駅

  • 所在地

    〒110-8718

    東京都台東区 上野公園7-20

  • 開催期間

    2022/07/16(土) ~ 2022/10/10(月・祝)

  • 時間

    開始 9:00 / 終了 17:00
    ※8月5日(金)~14日(日)は18:00まで
    ※入場は閉館時刻の30分前まで

  • 料金・費用

    一般・大学生 2,000円 / 小中高校生 600円(各税込み)
    ※事前に公式サイトで日時指定予約が必要です。当日、会場で販売する当日券での入場枠もありますが入場までお待ちいただく場合や入場枠が完売した際は入場できません。

  • 主催・共催・協力

    主催:国立科学博物館、日本経済新聞社、BSテレビ東京
    後援:駐日モンゴル国大使館
    協力:アメリカ自然史博物館、岡山理科大学、神奈川県立生命の星・地球博物館、群馬県立自然史博物館、高知大学、滋賀県立琵琶湖博物館、千葉県立中央博物館、兵庫県立人と自然の博物館、福井県立恐竜博物館、北海道大学総合博物館、瑞浪市化石博物館、美濃加茂市民ミュージアム、日経サイエンス、日経ナショナル ジオグラフィック
    企画協力:テレビ東京メディアネット

  • 問い合わせ

    ハローダイヤル
    050-5541-8600

  • 公式サイト

    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」

  • 備考

    休館日:9/5(月)、12(月)、20(火)、26(月)

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました